ハメスが大谷翔平の26号弾を生観戦! “スーパースター揃い踏み”の観客席に海外注目

エバートンMFハメス・ロドリゲスとエンゼルスの大谷翔平投手【写真:Getty Images】
エバートンMFハメス・ロドリゲスとエンゼルスの大谷翔平投手【写真:Getty Images】

ヤンキース対エンゼルス戦を観戦、客席でNBAのデュラントと2ショット

 エバートンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが現地時間28日、ニューヨークで行われた米MLBヤンキース対エンゼルス戦をスタジアムで観戦。エンゼルスの大谷翔平投手が両リーグトップタイとなる26号ホームランを放つなど活躍した試合で、スーパースター揃い踏みの2ショットを公開し、話題を呼んでいる。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 ACミラン移籍の可能性も浮上しているレフティーは、ニューヨークで静養中にヤンキースタジアムを訪問。試合後には自身の公式インスタグラムを更新し、最前列でエンゼルス戦を観戦していた米バスケットボールNBAのネッツに所属するスーパースター、ケビン・デュラントと満面の笑みで撮影した2ショットを公開している。

 これに「ESPN」コロンビア版公式ツイッターも、「なんて美しい! ハメス・ロドリゲスがNBAのスター、ケビン・デュラントと自撮り写真を公開」と速報。また、メキシコのスポーツ紙「Esto en Línea」公式ツイッターは、スタンド観戦する2人の姿も写真付きで紹介している。大谷が躍動したヤンキースタジアムで実現した、異種目スターの揃い踏みショットが反響を呼んでいるようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング