鈴鹿スペイン人女性監督、同郷イニエスタとのユニ交換写真に脚光 「素晴らしい光景」

鈴鹿のマルティネス監督と神戸MFイニエスタ【写真:©鈴鹿ポイントゲッターズ & GettyImages】
鈴鹿のマルティネス監督と神戸MFイニエスタ【写真:©鈴鹿ポイントゲッターズ & GettyImages】

イニエスタはベンチ外でピッチで対戦ならずも、マルティネス監督が試合後に写真公開

 JFLの鈴鹿ポイントゲッターズを率いるミラグロス・マルティネス監督は、16日に行われた天皇杯2回戦で同胞のMFアンドレス・イニエスタやMFセルジ・サンペールが所属するJ1ヴィッセル神戸と対戦。イニエスタがベンチ外だったなか、0-4で敗れたが、試合後のユニフォーム交換の様子が反響を呼んでいる。

 スペイン国籍のマルティネス監督は、2019年1月に鈴鹿ポイントゲッターズの指揮官へ就任し、日本の男子トップチームの監督を務める初の女性指揮官として話題に。1年目で16チーム中12位の成績を残してJFL残留を果たすと、2年目の昨季は6勝3分6敗の成績で5位に導き、契約を更新。今季はここまで12試合を消化し、9位(4勝3分5敗)につけている。

 5月23日に行われたFC刈谷との天皇杯1回戦では、2-1で逆転勝利。マルティネス監督自身、天皇杯での初勝利を挙げるとともに、同大会における女性監督の初勝利という歴史的なものともなった。さらに2回戦の対戦相手は、同胞のイニエスタやサンペールを擁する神戸となった。

 37歳のイニエスタは13日にルヴァンカップ・プレーオフステージ第2戦浦和レッズ戦(2-2)でフル出場しており、残念ながら鈴鹿戦はベンチ外。マルティネス監督とピッチ上で相まみえることはなかったが、神戸はFW田中順也が2ゴールを挙げるなど、J1クラブの意地を見せて4-0で勝利した。

 敗れたなかでも堂々たる戦いぶりを見せたマルティネス監督は、試合後にツイッターで「これは簡単に忘れられない経験。ヴィッセル神戸、アンドレス・イニエスタ、セルジ・サンペール、おめでとうございます。鈴鹿ポイントゲッターズの戦いを誇りに思う。私たちはフィールドですべてを出し切りました」と投稿。さらに、同じカスティーリャ・ラ・マンチャ州の出身で、地元クラブのアルバセテ・バロンピエ出身でもあるイニエスタとユニフォーム交換をした際の写真をアップした。

 ファンからは、「素晴らしい光景」「ミラさんカッケー」「イニエスタが鈴鹿ポイントゲッターズのユニを持ってる事が凄い!」といった声があがったほか、出番のなかった同胞の神戸MFサンペールも「今日はあなたに会えて嬉しかった。あなたの成し遂げていることは素晴らしい。幸運を、そしてまた会いましょう!」とメッセージを送っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング