日本代表「ポジション別最新序列」 国内&海外組25名査定…“評価上昇”の選手は?

日本代表「ポジション別最新序列」【写真:高橋 学 & Yukihito Taguchi】
日本代表「ポジション別最新序列」【写真:高橋 学 & Yukihito Taguchi】

最終予選への"生き残り"を占うべく、6月シリーズに向けて招集された25名を査定

 森保一監督率いる日本代表は、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の最終戦となるキルギス戦を5-1で制し、同予選”8戦全勝”を飾った。9月から始まる最終予選では東京五輪に臨むU-24代表組の合流も想定され、メンバー争いはより激しさを増す。今後の”生き残り”を占うべく、6月シリーズに向けて招集された国内組&海外組25名のポジション別序列を見ていく。

【序列内の記号/上から下へ序列高い順】
◎=評価アップ
〇=評価据え置き
△=評価ダウン

■GK
〇 権田修一(清水エスパルス)
〇 川島永嗣(ストラスブール)
〇 シュミット・ダニエル(シント=トロイデン)
〇 中村航輔(ポルティモネンセ)

 序列に変化が生じた印象はない。国内組、海外組を合わせたメンバーで臨んだ6月の3試合中(U-24代表戦はチャリティーマッチのため除く)、2試合で先発した権田が序列の最上位か。タジキスタン戦で歴代最長の連続無失点記録は「9試合」でストップも、評価を落とすようなパフォーマンスではなかった。2番手は経験豊富な川島。この2人の牙城をシュミットと中村が今後どれだけ崩せるか。

■センターバック
〇 昌子 源(ガンバ大阪)
◎ 谷口彰悟(川崎フロンターレ)
△ 植田直通(ニーム)
〇 中谷進之介(名古屋グランパス)

 セルビア戦で出色のパフォーマンスを見せた谷口が評価を上げた。屈強な相手にも競り勝てることを示したのは、なにより好材料。対人や空中戦での強さを示した植田も悪くはなかったが、谷口に比べると平凡な出来に終わった感がある。9月の最終予選以降、吉田、冨安が軸になるポジション争いを活性化できるかは見物だ。

■右サイドバック
〇 室屋 成(ハノーファー)
〇 山根視来(川崎フロンターレ)

 室屋、山根とも積極的な攻め上がりでチャンスに絡んではいたが、オーバーエイジ枠としてU-24代表へ招集された酒井宏樹(マルセイユ→浦和レッズ)を脅かせるほどのパフォーマンスだったとは言い難い。どの相手に対してもある程度の信頼を置ける酒井に比べると、両者ともプレーにムラがあった印象で、そのあたりの改善が図れるかが今後のポイントと言えそうだ。

今、あなたにオススメ

トレンド