久保建英、マジョルカ復帰説に現地紙言及 「クボもこのオプションを気に入っている」

ヘタフェMF久保建英【写真:Getty Images】
ヘタフェMF久保建英【写真:Getty Images】

マジョルカ、エスパニョール、ベティスの3クラブがレンタル先として有力視

 日本代表MF久保建英(ヘタフェ)の去就動向を巡り、スペインメディアでの報道が過熱している。マジョルカ、エスパニョール、ベティスの3クラブが新天地候補として有力と見られるなか、大手紙「AS」は久保がマジョルカという選択肢に関して「気に入っている」と報じている。

 ヘタフェでのレンタル期間を終えた久保は、契約上、レアル・マドリードへ復帰する形となるが、来季の動向は現在のところ不透明。今季無冠に終わったレアルは、カルロ・アンチェロッティ新監督の下、チーム構成を大きく軌道修正する可能性が指摘され、そのなかで久保は再レンタルされる方向が有力視されている。

 スペイン紙「LA RAZON」は、「リーガ・サンタンデールの最大3チームが、レアル・マドリードから久保のレンタルを要求する」と指摘。マジョルカ、エスパニョール、ベティスを新天地候補とし、“ベスト”な移籍先に19-20シーズンに久保が所属した古巣マジョルカを挙げていた。

 久保自身も、勝手を知るマジョルカにはポジティブな印象を持っているかもしれない。スペイン大手紙「AS」は、「マジョルカはタケフサ・クボの復帰を歓迎する」と見出しを打って取り上げている。

「クボは2019-20シーズン、2000分プレーして4得点4アシスト、特にクチョ(エルナンデス)とピッチ内外で理解し合った。マジョルカの1部復帰で大半のメンバーを知っており、クボもこのオプションを気に入っている」

 ただし、記事では「障害になり得るのは金銭面」と指摘。財政面でエスパニョールとベティスはマジョルカよりも優勢だとしている。

 東京五輪に出場するU-24日本代表のメンバー入りが確実視されている久保。どの段階で去就が決まるのかも、一つの注目ポイントになりそうだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド