唯一の“5つ星”、「ピッチの王様」と称えたのは? 日本代表「出場16人」を金田喜稔が採点

右サイドバックで出場し、攻撃にも積極的に参加したDF山根視来【写真:高橋 学】
右サイドバックで出場し、攻撃にも積極的に参加したDF山根視来【写真:高橋 学】

3ゴールに絡んだ山根は「決定的なパスを通せるセンスと精度が素晴らしい」

<DF>
■佐々木翔(サンフレッチェ広島/→後半17分OUT)=★★★

 やはり左サイドバックは不慣れだなという印象。原口と縦関係を築くなか、そこで前に行ったら遅いというタイミングで上がるなど、少し危ない動きをしていたのが目についた。クラブでのポジションとは異なるなかで、フィード、攻撃参加、オーバーラップから精度の高いクロスを上げなくてはいけないというプレッシャーを、自らに与えてしまっているのかもしれない。もちろん、本職である守備面では悪くないのだが、攻撃時の動き出しの部分では空回りしているように見えた。

■昌子 源(ガンバ大阪)=★★★★

 失点シーンは自らのクリアが中途半端になったところを拾われ、そこからクロスを入れられ決められたもの。本人としても悔しい思いはあるだろう。最終ラインのメンバーが総入れ替えとなり、代表経験の浅い選手もいるなかで統率するのに難しさはあったと思うが、コーチングで光るものは見せた。ロシアW杯を戦った自負もあるはずで、レギュラー奪還に向けてこの悔しさを今後に生かしたいところだ。

■中谷進之介(名古屋グランパス)=★★★★

 期待をされてきたセンターバックが、ようやくA代表初スタメンのチャンスを掴んだ。中谷の実力が試されるほど相手に押し込まれたわけではなく、昌子とのコンビにも不慣れなところがあったなかで悪くないパフォーマンスだった。今後も継続的に代表の舞台で見てみたい選手の1人だ。

■山根視来(川崎フロンターレ)=★★★★

 失点シーンの守備で、逆サイドから上がってくるクロスに対してマーカーへの体のぶつけ方、張り方などに課題を残したのは事実だ。しかし、そのマイナス部分を加味したとしても3ゴールに絡んでおり、限りなく「5」に近いパフォーマンスだった。先制点のシーンでは、浅野のスピードを生かした相手最終ライン裏へのロングスルーパス。2点目の場面でも寄っていくふりをしながら背後を狙った古橋の動きを見逃さずに、絶妙な縦パスを送っている。そして3点目のシーンでも、相手の人数が揃っているなかであのコースにグラウンダーのパスを通せるセンスは凄いと思う。川崎とは異なるチームスタイルのなかで、しっかりと適応して勝負どころで決定的なパスを通せるセンスと精度が素晴らしい。今後、周囲の選手とのすり合わせが進めば、攻撃面でさらに輝きを放ちそうだ。

<GK>
■権田修一(清水エスパルス)=★★★★

 唯一のシュートで失点を喫したが、GKにとってはノーチャンスと言えるもの。それ以外の場面で慌てるようなプレーはなかった。歴代最長だった9試合連続の無失点記録がストップしたのは残念だが、次戦から再び心機一転で臨んでほしい。

金田喜稔

1958年生まれ、広島県出身。現役時代は天才ドリブラーとして知られ、中央大学在籍時の77年6月の韓国戦で日本代表にデビューし初ゴールも記録。「19歳119日」で決めたこのゴールは、今も国際Aマッチでの歴代最年少得点として破られていない。日産自動車(現・横浜FM)の黄金期を支え、91年に現役を引退。Jリーグ開幕以降は解説者として活躍。玄人好みの技術論に定評がある。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング