南野拓実、“高校の同級生”古橋を称賛 「チームの力になれると強烈にアピールした」

日本代表MF南野拓実とFW古橋亨梧【写真:高橋 学】
日本代表MF南野拓実とFW古橋亨梧【写真:高橋 学】

前半40分、古橋の折り返しを南野がニアで合わせて勝ち越し点を奪取

 日本代表は7日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選タジキスタン戦に臨み、4-1で勝利した。MF本田圭佑に並ぶW杯予選7試合連続ゴールを決めたMF南野拓実(サウサンプトン)は、高校の同級生であるMF古橋亨梧(ヴィッセル神戸)について、「チームの力になれると強烈にアピールした」と称えた。

 日本がすでに全8試合中の6試合までを全勝し突破を決めている一方、タジキスタンは2位の中での上位で最終予選へ進出する可能性を残している。森保一監督はMF原口元気(ウニオン・ベルリン)をゲームキャプテンに指名し、FW大迫勇也(ブレーメン)が負傷離脱した前線ではFW浅野拓磨(無所属)を1トップに起用。最終ラインにはJリーグでプレーする選手たちが並んだ。

 そうした状況でも緩みのない入りをした日本は前半6分、DF山根視来(川崎フロンターレ)のスルーパスに抜け出した浅野のシュートが相手GKに阻まれたところ、こぼれ球を代表初先発の古橋が押し込んで1-0と先制した。

 前半9分、アジア2次予選で初失点を喫して同点に追いつかれたなか、同40分に高校の同級生コンビがスコアを動かす。山根のパスから右サイドで背後を取った古橋が中央へ低いボールを入れると、ニアサイドに飛び込んだ南野がゴール。MF本田圭佑の記録に並ぶW杯予選7試合連続ゴールで、2-1と勝ち越してハーフタイムを迎えた。

 日本は後半にも2得点して4-1で勝利したなか、南野は試合後、7試合連続弾の喜びもほどほどにとどめたが、ある程度ゴール前でのプレーがイメージできていたという。

「記録を達成できたことは個人的には嬉しく思っていますけれど、圭佑くんに並んだだけですし、まだ2次予選。何よりチームが勝ったことが嬉しいです。チャンスはそんなに多くなかったけど、ああいうクロスでニア(サイド)に飛び込むとか、もしかしたらこぼれ球のところとか、そういうボックス内での鼻の利くところのプレーが、ゴールにつながるんじゃないかという気はしていました」

 この試合では、興國高の同級生である古橋が代表初先発で、1ゴール1アシストと結果を残した。森保ジャパンのサイドには、この日先発出場した原口をはじめ、MF堂安律(ビーレフェルト)、MF久保建英(ヘタフェ)、MF伊東純也(ヘンク)らタレントが揃うなか、南野も古橋が“存在感を示した”と語っている。

「亨梧は先制点を取って、アシストもした。同じポジションにはレベルの高い選手が揃っているけど、そこでチームの力になれるというのを強烈にアピールしたと思いますし、僕自身も亨梧のクロスを決めることができて良かったかなと思います」

 攻撃だけでなく、献身的なチェイシングなど守備でも持ち味を発揮できる古橋が2列目の争いに食い込んでくれば、南野との“同級生ホットライン”が開通する機会も増えていきそうだ。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング