「自分の存在を示したかった模様」 決勝弾の久保、歓喜の“ユニ脱ぎパフォ”に韓国反応

後半から途中出場し、決勝ゴールを決めたMF久保建英【写真:Getty Images】
後半から途中出場し、決勝ゴールを決めたMF久保建英【写真:Getty Images】

後半39分に決勝弾を挙げ、喜びを爆発させてユニフォームを脱ぐゴールパフォーマンス

 ヘタフェの日本代表MF久保建英は、現地時間16日のリーガ・エスパニョーラ第37節レバンテ戦に途中出場。後半39分に左足で強烈なミドルシュートを叩き込み、チームを残留に導く値千金の決勝ゴールをマークした。ユニフォームを脱ぎ、喜びを爆発させるゴールパフォーマンスも飛び出したが、韓国メディアは活躍とともにその光景にも注目している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 残留争いの渦中にいるなかで5試合連続のベンチスタートとなった久保だが、得点が欲しい状況の後半30分にピッチに送り出された。すると、同39分に相手陣内でボールを奪った久保がドリブルで運び、そのままペナルティーエリアの端から左足でミドルシュート。強烈な一撃がニアサイドを抜き、ゴールネットを揺らした。久保のゴールが決勝点となり、2-1で勝利したヘタフェは勝ち点を37に伸ばし、今季16位以上が確定したため、1試合を残して1部残留を果たした。

 普段はクールな久保だが、この日は得点を決めたあとに感情を爆発させ、ユニフォームを脱ぐゴールパフォーマンスを見せた。試合後のフラッシュインタビューで、「今年はビジャレアルとヘタフェで苦しんだ」と本音を吐露したように、苦しんでいたなかで待望の一発だったことがうかがえるが、韓国紙「朝鮮日報」は、「日本の久保、感激の残留ゴール」と見出しを打ってレポートしている。

「投入から9分後の後半39分、敵陣で相手GKが蹴ったボールを奪った久保は、ゴール左隅をつく鋭い左足ミドルを決めた。レンタル移籍の久保の移籍後初ゴールでヘタフェは残留が確定した。久保は嬉しさのあまり、ユニフォームを脱いで名前と背番号が刻まれた背面部分をスタンドに向かって誇示。警告を甘んじて受け入れても、自分の存在を示したかったようだ」

 久保としては22日の最終節グラナダ戦でもしっかりとアピールし、シーズンを良い形で締めくくりたいところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング