3年で引退も浦和で培った人脈は“財産” 自身のゼロ提示に「一番泣いたのが内舘さん」

浦和時代の渡辺敦夫氏。J1で6試合に出場した1999年限りで現役を引退した【写真:Getty Images】
浦和時代の渡辺敦夫氏。J1で6試合に出場した1999年限りで現役を引退した【写真:Getty Images】

【元プロサッカー選手の転身録】渡辺敦夫(元浦和)前編:プロ入り後に味わった挫折と仲間との絆

 世界屈指の人気スポーツであるサッカーでプロまでたどり着く人間はほんのひと握り。その弱肉強食の世界で誰もが羨む成功を手にする者もいれば、早々とスパイクを脱ぐ者もいる。サッカーに人生をかけ、懸命に戦い続けた彼らは引退後に何を思うのか。「Football ZONE web」では元プロサッカー選手たちに焦点を当て、その第2の人生を追った。

 今回の「転身録」はかつて浦和レッズに所属した渡辺敦夫(46歳)。市立船橋高や日大で活躍した後、1997年にJリーグ入り。初年度は出番がなかったものの、2年目にトップチームでデビューを果たした。しかし怪我にも泣かされて3シーズンで退団。そのまま現役生活を終えた。現在、一般企業で部長職に就く元Jリーガーは現役生活を振り返り、何を思うのか。前編は現役時代への思いをお届けする。(取材・文=河野正)

   ◇   ◇   ◇

 Jリーグ創設5年目の1997年。DF渡辺敦夫は日本大学から浦和レッズに加入し、発展途上のチームで闘争心あふれるプレーを見せた。だがプロフットボーラーとしての活動は、わずか3年で終幕してしまう。

 千葉の名門・市立船橋高校では、川崎フロンターレの鬼木達監督と同級生。2年生のインターハイと全国高校選手権で4強、翌年のインターハイでは準優勝した。「鬼木が頑張っているのは嬉しいですね。よく励ましの電話を入れますが、3回に一度は酔って連絡します」と笑う。

 高校の恩師、布啓一郎監督からはJリーグ入りを勧められたが、父親と兄に反対され日大へ進学。2つ上の先輩に野人こと、現J3ガイナーレ鳥取の岡野雅行GMがいた。

 関東大学リーグ2部では1年生から活躍し、青山学院大学の三浦淳寛(現ヴィッセル神戸監督)と新人王を争って次点。2年でユニバーシアード日本代表候補に選ばれると、“3年生で中退し浦和入り”という岡野と全く同じ道を進もうとしたら、布監督の逆鱗に触れてしまう。内定していた高校の後輩、城定信次の浦和行きを取り消すとまで言われては、さすがに翻意するしかなかった。

 4年間2部でプレーし、ジェフユナイテッド市原や横浜フリューゲルス、神戸から獲得の申し出があるなか、岡野やユニバ時代から仲のいい1つ上の内舘秀樹が在籍し、最初に声をかけてくれた浦和を選んだ。

 しかし挫折とは無縁だったアマチュア時代とは一変し、臥薪嘗胆の1年目を過ごすことになる。

「大卒なのに公式戦出場がゼロですからね、恥ずかしさと悔しさしかありませんでした。もっとも最初からプロの世界を少し甘く見ていたので、自業自得かもしれません」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング