「負けたのは前の責任」 久保建英、アルゼンチン戦“無得点”に悔しさ「借りを返したい」

U-24日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】
U-24日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

東京五輪の優勝候補アルゼンチンを相手に何度かゴールに迫るも得点奪えず

 U-24日本代表MF久保建英は26日、U-24アルゼンチン代表との国際親善試合に先発フル出場。0-1と惜敗した試合後、「負けたのは前の責任だと思う」と自らを含めた攻撃陣が得点を奪えなかったことを敗因に挙げた。

 東京五輪の南米予選で1位となった強豪アルゼンチンとの2連戦。本大会に向けた貴重な強化試合で、日本の2列目には中央に久保が入り、右にMF三好康児、左にMF三笘薫が並んだ。

 立ち上がりからパワーのある試合を展開するアルゼンチンに手を焼いた日本は、前半21分にFWアドルフォ・ガイチにヘディングシュートを決められ失点。その後、日本は久保らが何度か良い形から相手ゴールに迫ったものの、ゴール前でのアルゼンチンの堅い守備を最後まで破れずにノーゴールに終わった。

 試合直後のインタビューに応じた久保は、「失点後にみんなで話し合い、守備の選手を中心に後半はほぼ相手に何もさせていないなかで負けたのは、前の責任だと思う」と、守備陣の奮闘を称えながら無得点に終わったことを悔やんでいた。

 また中2日で29日に北九州で開催される第2戦に向けては、「移動は向こうも同じなので言い訳にならない」としたうえで、「今日のような拮抗したなかで勝てないと、結果だけ残ってしまう。先制点を取られると試合は厳しくなる。しっかり先制点を取って借りを返したい」と、次戦でのリベンジを誓っていた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング