長谷部を「サポーターが愛しているのは明らか」 独誌が「フェアで断固」な姿を絶賛

フランクフルトMF長谷部誠【写真:Getty Images】
フランクフルトMF長谷部誠【写真:Getty Images】

フランクフルトとの契約延長を受け特集、長谷部は「花咲かじいさん」の教訓を体現

 元日本代表MF長谷部誠がフランクフルトとの契約を2022年6月まで延長したことを受けて、現地メディアは相次いで37歳のベテランMFに関する記事を掲載している。

「99.9%、今年の夏で引退すると確信していた」と長谷部本人も話すように、当初は今季終了後の現役引退が既定路線と思われていた。しかし、長谷部はここまでリーグ戦全24試合中20試合で先発出場し、ダビド・アブラハムが1月に退団してからは主将も務め、パス成功率ではリーグ全体で8位となる90.11%を記録。あらゆる面でチームにとって不可欠な存在であることから、クラブは1年間の契約延長オファーを提示し、長谷部もそれに応える形で現役続行を決断した。

 そうしたなか、37歳にしてなおブンデスリーガで輝き続ける長谷部を、ドイツ誌「11FREUNDE」は日本の代表的な童話の主人公になぞらえて称賛している。

「日本の国民的童話である『花咲かじいさん』は、フレンドリーで思慮深い老人が主人公の物語で、彼は枯れた木に再び花を咲かせていく。『質素に、そして謙虚に振る舞い、他の人たちのために頑張れば、人生は君に豊かさをもたらす』というのがこの物語の教訓だ。日本の子供なら誰でも一度はこの物語を聞くので、長谷部もきっと知っているだろう。しかし、このフランクフルトのフットボーラーほど花咲かじいさんの教訓を体現している選手はいない。思慮深く、それでいて思いやりがあって頼りがいのある長谷部は2008年からブンデスリーガでのプレーを続けていて、キャリアの終わりは見えていない」

 また、同誌は長谷部がサポーターから愛される理由として、長谷部のピッチ上での戦いぶり、振る舞いがサポーターの心に響いているからだと分析している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング