「タケフサへの警鐘」 久保の不振を現地指摘も…レアルの信頼を強調「信じている」

バレンシア戦に途中出場したヘタフェFM久保建英【写真:Getty Images】
バレンシア戦に途中出場したヘタフェFM久保建英【写真:Getty Images】

先発落ちが続く久保だが…「レアルはクボの状況に落ち着いている」

 ヘタフェの日本代表MF久保建英は現地時間2月27日、リーガ・エスパニョーラ第25節バレンシア戦(3-0)に後半40分から途中出場。先発落ちが続く状況に、レアル・マドリード専門メディアは「新たな移籍と新たな大失敗」と警鐘を鳴らすも、「レアルはこの日本人が状況を好転させると信じている」と指摘している。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 今冬の移籍市場でビジャレアルとの期限付き移籍契約を打ち切り、ヘタフェへ“再レンタル”となった久保は、加入直後はスタメンで起用されていたが、9日に行われた第1節順延分の保有元レアル・マドリード戦(0-2)以降は先発から外されるようになり、今節バレンシア戦も4試合連続のベンチスタートとなった。

 チームは6戦未勝利(1分5敗)の泥沼状態にあったが、前半39分にMFマウロ・アランバリが強烈なミドルシュートを叩き込んで先制すると、後半10分にはFWハイメ・マタが追加点を奪取。久保は同40分にピッチに立ち、同時投入されたMFカルレス・アレニャが同42分にネットを揺らした。

 久保は後半45分に左サイドから流れてきたボールにフリーで走り込み、ペナルティーエリア内から右足でシュートを放つも、ボールはゴール右ポストを直撃し、移籍後初ゴールはお預けとなった。出場時間はわずか5分間にとどまり、今季前半戦にビジャレアルで不遇を味わったことで環境を変えたものの、ヘタフェでも同様の立場に追い込まれている。

 レアル専門メディア「diario Madridista」は、「タケフサ・クボへの警鐘。ヘタフェは日本人選手の出場時間の欠如への解決策を見出そうとはしていない。レアル・マドリードが抱える最も前途有望な才能の1人の、新たな移籍と新たな大失敗。クボはスペインサッカーで居場所を見つけられない状況が続いている」と取り上げている。

 一方、「レアル・マドリードはヘタフェでのクボの状況に落ち着いている。バルデベバス(レアル)は彼のクオリティーとポテンシャルに確信を持っており、この日本人が状況を好転させ、マジョルカ時代にスペインに感銘を与えた最高の姿を再び見せてくれると信じている」と、保有元のレアルは久保を信頼していると強調。残りのシーズンで、19歳の日本人アタッカーは期待に応えることができるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング