“二冠王者”川崎にリベンジなるか G大阪の宮本恒靖監督が自信「楽しみな要素が多い」

G大阪の宮本恒靖監督【写真:高橋 学】
G大阪の宮本恒靖監督【写真:高橋 学】

昨季は好成績を収めるもリーグ戦と天皇杯で川崎に屈辱の3連敗

 日本サッカーのシーズン幕開けを告げる「FUJI XEROX SUPER CUP2021」の前日会見に、ガンバ大阪の宮本恒靖監督と主将のDF三浦弦太が出席。昨季の“二冠王者”川崎フロンターレとの対戦に向けて、指揮官は「明日の試合に向けて楽しみな要素が多い」と前向きな言葉を残した。

 G大阪は昨季、J1リーグ戦で2位、天皇杯で準優勝と決して悪い成績ではなかったが、彼らの前には川崎が強大な壁として立ちはだかった。リーグ戦での勝ち点差は18ポイントもあり、天皇杯決勝も含めた直接対決では3連敗。そうした意味では、シーズンのスタートながらリベンジを期す舞台が明日の埼玉スタジアムになる。

 宮本監督は「1月18日の始動からキャンプ、徐々に去年とは違う戦い方を目指すことが形になってきている」とチーム作りに手応えを話す。そのうえで「レアンドロ(・ペレイラ)もチアゴ(・アウベス)も状態は上がって、試合ができるようなコンディションになりつつある。(宇佐美)貴史も一時の怪我の程度に比べると良くなってきている」と、今季の浮沈のカギを握るアタッカーたちの状態について言及した。

 今季に向けた取り組みを「昨年の守備で良かった粘り強く全員で戦うことを残しつつ、自分たちがもう少しボールを持ちながらゲームを動かしてチャンスを作り出すことにトライしている」と話す指揮官は、「雰囲気も良く、明日の試合に向けて楽しみな要素が多い。自分たちがトライしたことを出せるようにしたいという部分と、川崎の良さを消すところも考えながらやりたい」とゲームを見据えた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング