浦和のルーキーCB藤原、プロ入り後の“現状”告白 「難しさに圧倒された」

将来有望なCB藤原に対し、槙野と宇賀神が「まだ遠慮がある」と指摘

 一方の藤原に関しては、キャンプ中にDF槙野智章とDF宇賀神友弥の両副キャプテンが「まだ遠慮がある」と指摘。今季加入のベテランGK塩田仁史に後ろから厳しい声でのコーチングを受ける姿もあった。本人にもその自覚はあるといい、まずは壁に当たっている状況を吐露した。

「先輩たちが(自分のプレーを)引き出そうと声をかけてくれる。1日でも早く自分のプレーを存分に出せるようにやってかないといけない。出し切れてないところもあるので、遠慮せずにやっていかないといけないと、合流してからの反省がある。何個も上のレベルでやるとなって、気持ち的には準備してきたし自信を持って乗り込んだけれども、レベルの高さと難しさに圧倒された。徐々に慣れてはきたけど、思い描いていたようなプレーはできていない」

 こうして苦しみながらも大久保はプロ1年目の目標に「10ゴール」と強気なものを掲げ、藤原は「高望みをせず試合に出ることを目標に」と、現実を見据えた。

 今季の浦和は例年に比べれば実績ある選手たちの層は厚くないだけに、ルーキーにも十分に出場時間を得るチャンスがある。右サイドを切り裂く大久保と、将来有望なCBの藤原は、浦和の次世代を担うだけのプレーを見せるために虎視眈々とルーキーイヤーでのブレイクを狙っている。

(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング