中井卓大の「覚醒が際立つ」 成長著しい17歳に現地紙称賛「スカウトも熱視線」

レアル・マドリードの下部組織でプレーするMF中井卓大【写真:松岡健三郎】
レアル・マドリードの下部組織でプレーするMF中井卓大【写真:松岡健三郎】

カスティージャのラウール監督も注目と「マルカ」紙は称賛

 スペインの名門レアル・マドリードの下部組織に所属する17歳MF中井卓大は、現地時間23日に行われたフベニールA(U-19相当)のロス・ジェベネス戦(3-0)に“飛び級”で先発出場。2021年初ゴールをマークし、スペインメディアは「覚醒が際立ち始めている」と大きく報じている。

 “ピピ”の愛称で知られている中井は、2013年に9歳でレアルの下部組織に入団。加入後から順調に昇格し、今季からフベニールB(U-18相当)に所属しているが、昨年8月に開催されたフベニールAの選手が出場するUEFAユースリーグに“飛び級”で登録された。同年10月の国際Aマッチウィーク中には、多くの代表選手が不在のなかで、トップチームのトレーニングにも招集されていた。

 今年1月23日には21年初試合においてフベニールAで“飛び級”出場。先発を飾った中井は後半40分、左サイドでパスを受けると、自ら中央に切り込んでDFを1人かわし、右足を一閃。豪快な一発はゴール左隅に突き刺さる“ゴラッソ”となった。

 スペイン紙「マルカ」は、「タクヒロ・ナカイ:レアル・マドリードの日本人の覚醒が際立ち始めている」と見出しを打ち、これまでの経歴に触れながら

「タケフサ・クボは、レアル・マドリードで唯一の若き日本人スターではない。17歳のタクヒロ・ナカイが頭角を現し始めている。9歳の時にサインし、現在レアルの下部組織で7年目。“ピピ”は年々フィジカルで逞しさを増している技巧派プレイメーカーだ。攻撃的MFとしてスタートしたなかで、現在はポジションを深い位置(ボランチ・アンカー)に下げている。従来のクオリティーや努力により、カスティージャのラウール監督の注目を集め始めた。ライバルチームのスカウトやエージェントも熱視線を送っている」

 記事によれば、すでに他チームのスカウトからも一目置かれる存在になっているという。カスティージャ(Bチーム)を経て、夢のトップチームまでたどり着けるか、今後の成長曲線に注目が集まる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング