「とてつもない」 独代表MFの“反転股抜きトラップ→ヒール弾”を海外称賛「真の魔法」

レバークーゼンMFアミリ【写真:Getty Images】
レバークーゼンMFアミリ【写真:Getty Images】

レバークーゼンMFアミリ、2021年初戦で華麗な連続美技から先制点を叩き込む

 ブンデスリーガは現地時間2日に第14節が行われ、元日本代表MF長谷部誠と日本代表MF鎌田大地が所属するフランクフルトはレバークーゼンに2-1で勝利した。2021年の戦いが幕を開けたなか、この試合でレバークーゼンのドイツ代表MFナディーム・アミリが決めた技ありの一撃が海外メディアで話題を呼んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 例年ドイツのブンデスリーガは1月中旬頃までウインターブレイクとなり、この時期は各クラブがキャンプを張っているが、今季は新型コロナウイルスの影響により開幕が遅くなったため、1月2日からリーグ戦が再開された。2021年初戦にフランクフルトの長谷部と鎌田は揃って先発出場。鎌田は自らのクロスから相手のオウンゴールを誘う形で決勝点を演出しており、2-1の勝利に貢献している。

 もっとも試合後に海外メディアで話題となっているのは、敗れたレバークーゼンのMFアミリが決めた先制点のシーンだ。

 前半9分、敵陣中央でパスを受けたアミリが前を向くと、右斜め前方に位置した17歳MFフロリアン・ヴィルツへパスを送り、ペナルティーエリアに向かってダッシュ。ボールを受けたヴィルツは中に運びながら時間を作り、縦へ抜けたアミリに向かって左足で浮き球スルーパスを送った。ボールは相手3人の間をすり抜けるようにしてアミリの足下へ渡ると、ドイツ代表MFは右回りで反転しながら右足でトラップ。背後にいた相手DFエリック・ドゥルムを股抜きする形となり完全に置き去りにすると、右に流れながら飛び出してきたGKケビン・トラップをかわし、次の瞬間、右足バックヒールでシュート。ボールはトラップの股下を抜け、ゴールに吸い込まれた。

 この一撃に海外メディアも反応。衛星放送「スカイ・スポーツ」イタリア版が「真の魔法。24歳は素晴らしいヒール弾を決めた」と伝えれば、フランス紙「レキップ」も「崇高なヒール」と称賛。またイタリアメディア「Sport Fair」も、「とてつもないゴール」「クレイジーなヒール弾」と報じている。

 試合には敗れたものの、新年最初のゲームで美技を見せたアミリ。上位争いを繰り広げているレバークーゼンの攻撃の軸として、さらなる活躍に注目が集まる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」