「奇妙なスポットキック」 昌平FWの”珍PK”に英メディア驚愕「ポグバは防がれた」

新潟加入内定の昌平FW小見洋太【写真:河合 拓】
新潟加入内定の昌平FW小見洋太【写真:河合 拓】

新潟加入内定のFW小見、独特なPKキックに英メディアが注目「新たなレベルに引き上げた」

 第99回全国高校サッカー選手権は3回戦までを終え、ベスト8の顔ぶれが出揃った。優勝候補の昌平(埼玉)も順当に勝ち上がりを決めているなか、英メディアはJ2アルビレックス新潟加入が内定しているFW小見洋太(3年)が見せたPKのキック方法に注目している。

 来季のJリーグに4選手を送り込む昌平は、今大会の1回戦で高川学園(山口)と対戦。試合終盤まで2点のリードを許しながらも土壇場で2点を返しPK戦へと持ち込むと、このPK戦を8-7で制した。その後は、京都橘(京都)との2回戦で2-0、創成館(長崎)との3回戦で3-0と攻守の歯車が噛み合い、悲願の選手権初制覇へ邁進している

 そんななか、海外メディアは昌平FW小見が見せたPKのキック方法に注目している。小見はPKを蹴る際、小刻みなステップを踏みながらゆっくりとペナルティースポットまで駆け寄る珍しい方法を用いており、高川学園とのPK戦でもそのキックを披露。1人目(後攻)として登場し見事に成功させたシーンを、英ラジオ局「talk SPORT」は「日本人学生がマンチェスター・ユナイテッドのスター選手の”つま先立ち”のペナルティ・ランアップを、奇妙なスポットキックでスプリントのように見せている」と見出しを打って伝えた。

 同メディアはマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバがかつて、同様のキック方法でPKを蹴った事実に触れながら「ポグバはかつてPKの際、ボールに向かって28歩もの小さなステップを踏むのに10秒かかったことがあったが、これは実際にはエバートンのGKジョーダン・ピックフォードに防がれた」と、失敗に終わったことを指摘している。

 ポグバ以外にも、このようなキックでPKを蹴る選手がいることに触れたうえで「日本の1人の学生がこの傾向を新たなレベルに引き上げた。若者はシュートの角度を変えるために横に数歩歩くことから始め、ペナルティーエリアの外からボールに向かってつま先立ちをしたのだ」と、斬新なキック方法でPKを決めたシーンについて、驚きを持って伝えている。

 小見は2回戦の京都橘戦でも独特なPKキックで先制点をマーク。ゆっくりとした助走からのキックは国内でも話題となっているなか、海外にもインパクトを与えたようだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング