リバプール、怒涛のゴールラッシュで7発大勝! 南野がプレミア“日本人7人目”の初得点で口火

先制ゴールを奪ったリバプールMF南野拓実(18番)【写真:AP】
先制ゴールを奪ったリバプールMF南野拓実(18番)【写真:AP】

クリスタル・パレスを終始圧倒 4試合ぶり先発の南野は開始3分に待望のプレミア初ゴール

 リバプールは19日、プレミアリーグ第14節でクリスタル・パレスと対戦し、アウェーで7-0と快勝した。日本代表MF南野拓実はリーグ戦4試合ぶりの先発出場を飾り、3トップの一角に配置され、試合開始早々の前半3分にリーグ戦初ゴールとなる先制点を奪ってゴールラッシュの口火を切るなど、躍動した。

 前節にトッテナムとの天王山を2-1で制したリバプールは首位に浮上。中2日で行われるクリスタル・パレス戦では、ここまで連続出場中で休息のなかったエースのFWモハメド・サラーに代わり南野が先発起用され、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、セネガル代表FWサディオ・マネとともに3トップを形成した。

 日本人アタッカーに待望の瞬間が訪れたのは、試合開始早々の前半3分だった。背後からの浮き球をペナルティーエリア右で収めたマネが相手守備陣に囲まれながらもボールをキープし、ゴール前へ横パス。構えていた南野がキックフェイントで相手DFをかわし、そのまま右足でゴール左隅へと流し込んだ。

 リバプール加入決定からちょうど1年、プレミアリーグ通算18試合目で決めた待望の初ゴール。日本人選手としてはMF稲本潤一(フルハム/現SC相模原)、MF中田英寿氏(ボルトン)、MF香川真司(マンチェスター・ユナイテッド/無所属)、DF吉田麻也(サウサンプトン/現サンプドリア)、FW岡崎慎司(レスター・シティ/現ウエスカ)、FW武藤嘉紀(ニューカッスル/現エイバル)に続いて7人目となった。

 南野の先制点で勢いづいたリバプールは、その後も攻勢を仕掛けていく。前半35分には、南野も絡んだ敵陣ペナルティーエリア手前での競り合いから、こぼれたボールをフィルミーノがダイレクトでマネへ縦パス。これをマネが巧みなトラップから反転して右足で決めた。さらに同44分には、鮮やかなカウンターが炸裂する。自陣でボールを拾ったフィルミーノが、左サイドを駆け上がるDFアンドリュー・ロバートソンへパス。ゴール前に走り込みリターンを受けると、冷静に流し込んだ。

 3点リードで折り返した後半も、リバプールの勢いは止まらない。同7分には敵陣での競り合いのボールが、ペナルティーエリア手前で南野のもとへ。南野はこれを胸トラップからキープすると、後方のMFナビ・ケイタへ落とす。ケイタはワンタッチで逆サイドのDFトレント・アレクサンダー=アーノルドへパスを通し、最後は走り込んだMFジョーダン・ヘンダーソンが完璧なミドルシュートを叩き込んで4-0とした。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング