【ACL帯同記】横浜FM、カタール遠征「激動の20日間」 16強敗退の悔しさと“おもてなし”への感謝

 ACL帯同記を執筆した矢野隼平さん。選手とともにカタールで戦い続けた【写真提供:横浜F・マリノス】
ACL帯同記を執筆した矢野隼平さん。選手とともにカタールで戦い続けた【写真提供:横浜F・マリノス】

【短期連載│最終回】コロナ禍での開催はセキュリティーも厳重に管理

 クラブ史上初めてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント進出を果たした横浜F・マリノスだったが、7日に行われたラウンド16で水原三星ブルーウィングス(韓国)に2-3で敗れて涙を呑んだ。先制しながらの敗戦に悔しさは尽きないが、ラウンド16の戦いに臨んだチームの裏側で、11月20日の出発から選手とともに戦い続けたチームスタッフの奮闘をお伝えする。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

   ◇   ◇   ◇

 短期連載のこの企画ですが、今回で最終回。残念ながら、横浜F・マリノスは決勝トーナメントのラウンド16で敗退。貴重な時間を過ごすことのできたカタールでの生活を少しでも多くの方々にお伝えしたく、最後までお付き合いください。ちなみに、帰国後にこの記事を執筆していますが、まだまだ悔しさは消えません……。しかし、この悔しさが「サッカーって素晴らしいな」と再認識させてくれますね!

個人的な想いでしたが、選手・スタッフで撮影した集合写真【写真提供:横浜F・マリノス】
個人的な想いでしたが、選手・スタッフで撮影した集合写真【写真提供:横浜F・マリノス】

 クラブ史上初のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント進出を決めた翌々日の練習前、選手・スタッフで集合写真を撮影しました。このような撮影の機会があるのも長期遠征ならでは。実は2年前に鹿島アントラーズがACL決勝戦に向けて集合写真を撮影していた記憶があり、私から主務の山崎(慎)さんへ撮影の時間を作ってもらえないか、お願いをしました。完全に個人的な想いでチームの時間を取ってしまいました……(笑)。ホテルで作業をするスタッフや、カメラマンのフォローをするスタッフがいましたので、帯同した全員での写真撮影は叶いませんでしたが、この写真は矢野家の宝物となることでしょう。

大会セキュリティーはコロナ禍ということもあり、しっかりと対応されていた【写真提供:横浜F・マリノス】
大会セキュリティーはコロナ禍ということもあり、しっかりと対応されていた【写真提供:横浜F・マリノス】

 第3回の帯同記でお話しましたが、今大会のセントラル方式の開催は、選手・スタッフを始めとする関係者が隔離空間で過ごす“バブル方式”で運用されていますが、もちろんホテル周辺も厳重なセキュリティー体制が敷かれていました。練習終わりにホテルの入口を車から撮影しましたが、写っている白い衣装を着用された人は警察官です。また、警察官が立っている赤い線は、バブルとノンバブルの境界線だと思われます。ホテルでは、出入りする全ゲートとエントランスに警察官が配置されており、相当なセキュリティー体制が敷かれていました。

 ちなみにAD(編集部注:大会の身分証明書のことで選手・スタッフ始め大会関係者は必ず首から下げている)を忘れてホテルから追い返されている方もいましたので、形だけではなくしっかりと対応してくれている安心感もありました。様々なサインも作成しているので、人件費のみならず、どのくらいの費用がかかっているのだろう……。日産スタジアムやニッパツ三ツ沢球技場で真似しようにもできない規模感です(笑)。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  6. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」