「こいつはモノが違う」 元日本代表DFが脱帽、Jリーグで「衝撃を受けた3人」とは?

浦和レッズ時代の永田充氏【写真:Getty Images】
浦和レッズ時代の永田充氏【写真:Getty Images】

【元Jリーガーを直撃】永田充(元浦和ほか):現役時代に度肝を抜かれた3人を選出

 かつてJリーグの柏レイソルやアルビレックス新潟、浦和レッズでプレーした元日本代表DF永田充は、今年2月に現役引退を発表した。J1通算272試合の実績を誇り、16年限りで浦和を退団後はJ2の東京ヴェルディ、関東リーグ1部の東京ユナイテッドFCでのプレーを経てスパイクを脱ぐことになった。

 日本代表にまで上り詰めた37歳のセンターバックは、これまでJリーグの舞台で数多くの名手と対峙してきた。今回はその中から、現役時代に「衝撃を受けた3人の選手」を挙げてもらった。

(取材・文=河野正)

   ◇   ◇   ◇

 昨シーズンをもって、18年間のプロ生活を終えたサッカー元日本代表DF永田充は今春、大手総合建材メーカーの文化シヤッターに入社し、栃木県小山市の小山工場に勤務している。Jリーグ通算282試合に出場したキャリアとあり、大勢の凄腕と対戦してきた中から、永田が選んだ“ビッグ3”を紹介する。

 間髪入れずに挙げたのが、元ブラジル代表FWワシントンだ。

 Jリーグでは東京ヴェルディと浦和レッズで計3年間プレー。2006年に26点を挙げ、マグノ・アウベス(ガンバ大阪)と並んで初のJリーグ得点王を獲得するとともに、浦和のリーグ初制覇にも尽力した。07年はAFCチャンピオンズリーグ初優勝、FIFAクラブワールドカップ3位をもたらした点取り屋だ。

「ワシントンに背負わされたら、全く前に出られません。後ろで強く押しても引っ張っても、全然動かないんですよ。あんな選手とぶつかり合ったのは初めてで、これはちょっと勝てないかなって思いました」

 初対戦は永田が柏レイソルで4年目、ワシントンが東京Vに加入した05年11月26日、柏のホームで行われたJ1第33節だ。ともにフル出場し、ワシントンは両チーム最多の5本のシュートを放ったが無得点。一方の永田は後半40分、右CKからヘディングで押し込み、5-1の快勝に一役買っていた。

 そして2度目にして最後の顔合わせとなったのが、永田がアルビレックス新潟へ移籍して2年目、ワシントンも浦和での2年目を迎えていた07年3月11日だ。東北電力スタジアムでのJ1第2節には、4万人を超える大観衆が集まった。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング