中村憲剛、金の“湯舟”でラスト優勝に“浸かる” 途中出場で主将マーク「泣きそうになった」

中村憲剛が金色の“湯舟”で優勝に浸る【写真:Getty Images】
中村憲剛が金色の“湯舟”で優勝に浸る【写真:Getty Images】

川崎は直接対決を5-0で制し、2年ぶり3度目の優勝を飾る 今季限りで引退の中村は途中出場

 首位を独走する川崎フロンターレが25日、J1リーグ第29節ガンバ大阪戦で5-0の勝利を収め、4試合を残しての史上最速優勝が決まった。2位G大阪との直接対決で完勝。3試合を残して優勝した名古屋グランパス(2010年)、ヴェルディ川崎(ステージ優勝/1995年NICOS)を抜いて最速Vとなり、2年ぶり3度目の頂点に輝いた。今季限りで現役を引退するMF中村憲剛は後半41分から途中出場し、MF大島僚太から主将マークを託され「泣きそうになった」と明かした。

 2位G大阪との直接対決で引き分け以上なら優勝が決まる一戦。前半22分にFWレアンドロ・ダミアンのゴールで先制すると、前半終了間際にはMF家長昭博が決めた。さらに後半に入ってからも攻撃の手を緩めない川崎は、家長が2点追加してハットトリックを達成。終了間際にはFW齋藤学がダメ押し点を挙げた。

 4節残して史上最速の優勝が決定。また、この日で勝ち点3を積んで同75とし、2015年のサンフレッチェ広島と2016年の浦和レッズ(勝ち点74)を抜いて、最多記録を更新。さらに、24勝で最多勝利も記録した。

 この日のピッチで後半41分からピッチに立った中村は、交代の際に大島から主将マークを受け取った。試合後、場内で行われたインタビューでは「にくいことするなと思いましたけどね、泣きそうになりました」と告白。優勝セレモニーでは、3度目となるJ1優勝のシャーレを掲げ、さらに金色の“湯舟”に入るパフォーマンスで喜びを爆発させた。

 今季限りで現役引退する中村にとってはラストシーズンを優勝で飾った。“ラスト2”となったホーム等々力で3度目の栄冠。主役となり続けた男は最高の瞬間に浸っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング