久保建英への「無条件の賛辞は害を及ぼす」 スペイン人記者が語る1G2Aの“リアル評”

ビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】
ビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】

【スペイン発コラム】EL初戦にトップ下で初先発、1得点2アシストと躍動

 スペイン1部ビジャレアルは現地時間22日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節でホームにスィヴァススポル (トルコ) を迎え、日本代表MF久保建英が今シーズン初めて先発出場した。

 スペイン各紙は試合前、主力に怪我人が出ていること、3週連続で平日半ばにELが開催されるタイトな日程であること、それに伴いリーグ開幕から先発出場し続けている選手たちに休みを与える必要性があることを考慮し、ウナイ・エメリ監督が大幅なローテーションを実施すると予想した。

 迎えた試合当日、エメリ監督は予想通りに18日のリーガ・エスパニョーラ第6節バレンシア戦(2-1)から8選手を入れ替えた。また先発出場の予定だったDFラミロ・フネス・モリが試合直前に膝に問題がありDFラウール・アルビオルと代わったため、実際にはMFマヌエル・トリゲロスとMFサムエル・チュクウェゼ以外の9選手を変更する予定だった。

 久保にとってはビジャレアル加入後、公式戦7試合目にして初の先発出場。エメリ監督がここ3試合で成果を挙げていた4-1-4-1から4-2-3-1にシステムを変更したなか、トップ下でプレーした。

 キックオフ後の激しい雨の中、久保は試合開始から積極的に攻撃に絡み、前半13分、チュクウェゼのシュートが相手GKに弾かれた後、素早く反応して左足で蹴り込み、ビジャレアルでの初ゴールを記録。さらに同20分には左足アウトサイドでの絶妙なパスでFWカルロス・バッカの得点をアシスト、2点のリードを追いつかれた後の後半12分にはCKからDFフアン・フォイスのゴールを演出した。久保はフル出場を果たし、チームも5-3で勝利している。

 1得点2アシストという素晴らしい結果を残し、UEFA公式のEL週間ベストイレブンにも選出された久保は試合後、「誰が試合に出場するかを決定するのは僕ではなく監督。すべての選手がプレーすることを望んでいるし、激しい競争がある。僕は前進することができたので、週末どうなるか様子を見るつもりだ。個人的には満足しているし、これからも前進し続けたい」とリーグ初先発を期待した。

 またエメリ監督は試合後、「我々はタケに任務を与え、彼はそれを見事に遂行してくれた」と明かしていた。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング