久保建英、ビジャレアル移籍後初ゴール&初アシスト! EL初戦、初先発で結果残す

スィヴァススポル戦に先発した久保建英が移籍後初ゴール&初アシストをマーク【写真:Getty Images】
スィヴァススポル戦に先発した久保建英が移籍後初ゴール&初アシストをマーク【写真:Getty Images】

前半13分にこぼれ球を押し込み初ゴール、同20分にはバッカの得点をお膳立て

 ビジャレアルの日本代表MF久保建英は現地時間22日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1戦のスィヴァススポル戦に移籍後初のスタメン出場を果たし、前半13分に初ゴールを決めた。

 リーガ・エスパニョーラ開幕から6試合連続でベンチスタートとなっていた久保だが、欧州カップ戦初陣で初めて先発に名を連ねた。4-2-3-1のトップ下で起用されると、前半13分にいきなり結果を残す。

 右サイドハーフのMFサムエル・チュクウェゼが左足で強烈なシュートを放つと相手GKがセーブ。そのこぼれ球を左足で押し込み、ビジャレアルでの公式戦初ゴールを奪った。

 さらに同20分には右サイドからのパスを受けてFWカルロス・バッカへ絶妙なラストパス。こちらも移籍後初アシストとなった。

 序盤からトップ下でパスを散らしながら攻撃をコントロールしており、さらなる活躍が期待される。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング