久保建英は「乾に求めているようなプレーをする」 エイバル監督が称賛したプレーは?

次節日本人対決となるエイバルMF乾貴士(左)とビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】
次節日本人対決となるエイバルMF乾貴士(左)とビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】

メンディリバル監督は乾に対してよりアグレッシブにプレーすることを要求

 ラ・リーガ第2節、ビジャレアル対エイバルは現地時間19日にキックオフされる。日本代表MF久保建英は前節ウエスカ戦のFW岡崎慎司に続き、MF乾貴士との日本人対決となるが、その試合前に興味深い“乾と久保の比較論”を話したのが、エイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督だ。

 スペイン紙「マルカ」や「ムンド・デポルティーボ」によると、試合前日に行われた監督会見でメンディリバル監督は今週ニューカッスルから加入したFW武藤嘉紀について、「武藤は昨冬から欲しいと思っていた選手。敏捷性が高く、背後を取るのが好きだ」とスピードを生かしたプレースタイルに期待をかけるとともに、長年にわたって指導者と選手の関係を続ける乾についてこのように話している。

「彼は並外れたプレーをすることもあれば、ややがっかりさせることもある。彼自身、もっと勇敢で“生意気”である必要があると思う。彼自身そういった部分を持っていないし、それを手に入れるか否かはわからない。我々は彼をもっと勇敢にするために挑んでいる」

 日本有数のスキルフルな乾だが、その能力を自らもっと発信してほしいとメンディリバル監督は考えているようだ。興味深いのは、10代にしてリーガで存在感を放っている久保についての評価だ。

「彼には驚かされている。彼がボールを受けた時、フィールド全体を指揮している。それはタカ(乾)に求めているようなプレーだ。彼がボールを要求すると、だれもが彼の周囲で動いていくし、彼はどんどん1対1を仕掛けていくし、アウトサイドからカットインし、ゴールを狙ってくる。それは“厚かましさ”とも言えるだろう」

 日本人選手としては抜きんでた積極性は、敵将のメンディリバル監督も大きく評価しているところだ。もちろん長年スペインで戦ってきた乾も矜持があるだろう。2人の日本人アタッカーがどれだけ自らの良さを見せるか、それはビジャレアルとエイバルの一戦の趨勢を大きく左右しそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング