「クロップがタクミの難問に直面」 南野がもたらす“頭痛の種”に英紙注目「開幕戦に向け…」

リバプールMF南野拓実(左)で生じるクロップ監督の悩みとは…【写真:AP】
リバプールMF南野拓実(左)で生じるクロップ監督の悩みとは…【写真:AP】

プレシーズンで躍動した南野、プレミア開幕戦の“選択肢”になったと指摘

 リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間5日、イングランド2部ブラックプールとのプレシーズンマッチにトップ下で先発出場し、1ゴール1アシストを記録して7-2の勝利に貢献した。そんななか、英メディアは「リバプールは中盤の整備を熟考し、クロップがタクミ・ミナミノの難問に直面」と見出しを打ち、南野がプレミアリーグ開幕戦の選択肢になっていると強調している。

 ユルゲン・クロップ監督の就任後、リバプールは4-3-3システムをベースとしてきたが、今夏のプレシーズンでは4-2-3-1システムに取り組んでおり、ブラックプール戦でも採用。セネガル代表FWサディオ・マネ、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、エジプト代表FWモハメド・サラーの強力3トップの舵取り役として、南野がトップ下に配置された。

 試合は前半15分、33分と立て続けに失点を喫するも、同43分に右CKのキッカーを務めた南野を起点に1点を返す。後半7分にマネが同点弾を決めると、同9分にはペナルティーエリア右でボールを受けた南野が鋭いグラウンダーのシュートを放つと、ゴール前に構えていたフィルミーノが合わせて勝ち越し弾。南野にアシストがついた。さらに4-2で迎えた同26分、今度は南野がフィルミーノとの連係から、最後は巧みなキープから対峙した相手DFの股下を抜くシュートでネットを揺らした。

 南野は1ゴール1アシストと印象的なパフォーマンスを披露したなか、英地元紙「リバプール・エコー」は「リバプールは中盤の整備を熟考し、クロップがタクミ・ミナミノの難問に直面」と見出しを打って報道。「クロップは開幕戦のリーズ戦に向け、頭痛の種を持っている」と、南野がクロップ監督を悩ませる選択肢になっていると主張している。

 記事では「土曜日の試合(ブラックプール戦)が物語っていたように、フォーメーションの切り替えにより、南野が中心的な役割を果たせると分かった。とりわけ、コミュニティー・シールドのアーセナル戦で左サイドに配置された時に輝きを放ち、非常に機能したポジションとなった」と説明している。

 8月29日に行われたコミュニティー・シールドのアーセナル戦では、南野が後半14分に途中出場したタイミングで4-2-3-1システムに切り替わり、同28分に移籍後初ゴールを奪った。新システムで臨んだ2試合で南野が2ゴール1アシストと結果を残しているだけに、クロップ監督に有望な戦術的オプションをもたらしたと見ているようだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング