「フィルミーノ・マークII」 南野拓実の“2年目”に海外注目「移籍金の2倍以上の価値がある」

アーセナル戦で移籍後初ゴールを決めたリバプールMF南野拓実【写真:AP】
アーセナル戦で移籍後初ゴールを決めたリバプールMF南野拓実【写真:AP】

アーセナル戦で移籍後初ゴールを記録「リバプールで存在感を高めることができる?」

 リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間8月29日、コミュニティー・シールドのアーセナル戦に途中出場し、待望の移籍後初ゴールを記録した。そんななか、海外メディアは「フィルミーノ・マークII ファンタスティック南野はリバプールで存在感を高めることができる?」と南野の今後に注目している。

 2019-20シーズンで30年ぶりのリーグ優勝を達成したリバプールは、2連覇に向け早々にキャンプイン。南野にとって移籍後初のプレシーズンとなるが、プレミア開幕前哨戦となるコミュニティー・シールドのアーセナル戦では0-1のビハインドで迎えた後半14分に南野が投入され、それと同時に4-2-3-1の新システムへと切り替えられた。

 すると後半28分、南野にとって待望の瞬間が訪れる。エジプト代表FWモハメド・サラーの持ち運びからブラジル代表FWロベルト・フィルミーノへとボールが渡ると、これがダイレクトで南野へ。南野はワンタッチでサラーにパスを送ろうとしたが、相手DFに当たってゴール前にボールがこぼれ、即座に反応した南野が右足で押し込み貴重な同点弾を奪った。

 1-1で迎えたPK戦では4-5で敗れることになったが、南野は4人目のキッカーとしてしっかりと決め切っていた。アーセナル戦での確かなインパクトに、米スポーツメディア「SPORTING NEWS」は「フィルミーノ・マークII “ファンタスティック南野”はリバプールで存在感を高めることができる?」と見出しを打ち、南野にスポットライトを当てている。

「南野をたった725万ポンド(約10億4000万円)で獲得したが、リバプールはこの選手が移籍金の2倍以上の価値があると信じており、実際にその価値がある。フィルミーノと同じくらいに重要人物になるには、相当な改善と幸運とハードワークが必要だが、そうなるために適切なクラブに身を置き、適切な指揮官の指導を受けている」

 今年1月にリバプールに加入した南野は、現時点ではブラジル代表FWロベルト・フィルミーノのバックアッパーとしての起用が多くなっている。中盤に落ちるリンクマンとしての働きや、前線からのハードワークなど、フィルミーノと似通ったプレースタイルにはなっているが、追いつくためにはまだまだ成長が必要なのも確かだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング