長友は「期待に応えることを保証する」 智将ビラス=ボアスが期待「戦術的にもフィジカル的にも…」

マルセイユのビラス=ボアス監督【写真:Getty Images】
マルセイユのビラス=ボアス監督【写真:Getty Images】

長友の加入会見でビラス=ボアス監督が獲得の意図に言及

 フランス1部マルセイユに加入した日本代表DF長友佑都が、現地時間2日に加入記者会見に臨んだ。同席したアンドレ・ビラス=ボアス監督は「戦術的にもフィジカル的にも、チームからの期待に応えることを保証する選手」と長友への期待を口にしている。

 2018年1月、イタリアのインテルからトルコのガラタサライへ期限付き移籍した長友は、18年7月に完全移籍。昨季前半戦は15試合1ゴールをマークしていたが、今年1月に登録メンバー外となって以降は一度も出場せずに退団が決まっていた。去就が注目されていたなか、8月31日に名門マルセイユへの加入が発表されている。

 2日に長友の加入記者会見が実施され、ビラス=ボアス監督、スポーツディレクターのパブロ・ロンゴリア氏も同時に登壇。クラブ公式YouTubeチャンネルで中継されたなか、長友が「チームを助けるためにここに来ました」と活躍を誓う一方、ビラス=ボアス監督は指揮官として獲得の意図を次のように語っている。

「我々の目的は左サイドバックのポジションに、より安定性をもたらすこと。そのために、より経験豊富な選手を選んだ。彼はいつでも準備ができていて、戦術的にもフィジカル的にも、チームからの期待に応えることを保証する選手だ」

 マルセイユは昨季のリーグ戦を2位で終え、新シーズンはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場が決定している。試合数の増加が避けられないなか、CLでの経験も豊富な長友は指揮官にとって心強い存在となりそうだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング