南野拓実、白エプロン姿でリバプール料理対決に反響 「愛らしい」「笑顔が止まらない」

リバプールMF南野拓実【写真:AP】
リバプールMF南野拓実【写真:AP】

リバプール同僚のMFファビーニョ、GKアドリアンと悪戦苦闘しながら料理チャレンジ

 リバプールの公式YouTubeチャンネルが料理対決動画をアップし、日本代表MF南野拓実がチームメートたちと悪戦苦闘しながら作る様子が話題を呼んでいる。

「王者たちとクッキングチャレンジ:南野vsファビーニョvsアドリアン」と題した動画をリバプールが投稿。南野に加え、スペイン人GKのアドリアンとブラジル代表MFファビーニョの3人がそれぞれ料理に挑戦した。

 オンライン上で、クラブの食事を管理するチーフシェフのデイブ・ライオン氏が指示し、3人はそれに沿って順番に調理を進め、最終的に餃子やラーメンが完成している。クラブのスポンサーである「日本ハム」とのコラボ企画とあって日本寄りの料理となったが、最終的に「素晴らしい」と賛辞を送られた南野が優勝している。

 映像では「普段料理はしない」という南野がエプロン姿で登場。包丁のセレクト、食材などに迷いながらも、英語の指示どおりに調理し、最終的に料理が完成した。最終的にお皿に盛り付けし、南野も満足そうな表情を浮かべていた。

 コメント欄では、海外のファンから「とても愛らしい」「タキを憎むことができない」「タキを見ていると笑顔が止まらない」などの声が上がった。8月29日に行われたコミュニティー・シールドのアーセナル戦で移籍後初ゴールを決めた日本人アタッカーへの注目度は高まっており、調理姿も反響を呼んでいるようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング