「南野の宣言でパニックを免れる」 リバプールの“収穫”を英紙強調「感銘を与えた」

リバプールMF南野がアーセナル戦で待望の移籍後初ゴール【写真:AP】
リバプールMF南野がアーセナル戦で待望の移籍後初ゴール【写真:AP】

南野がコミュニティー・シールドのアーセナル戦で移籍後初ゴールを記録「殻を破った」

 リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間29日、コミュニティー・シールドのアーセナル戦に途中出場し、後半28分に待望の移籍後初ゴールを記録した。英メディアは「南野の宣言でリバプールはパニックを免れる」と見出しを打ち、敗戦の中でも確かな収穫を手にしたと強調している。

 2019-20シーズンで30年ぶりのリーグ優勝を達成したリバプールは、新シーズンでの連覇に向け、早々にキャンプイン。今年1月にリバプールへ加入した南野にとって初のプレシーズンとなるが、プレミア開幕に向けた前哨戦となるコミュニティー・シールドのアーセナル戦ではベンチスタートとなった。

 0-1のビハインドで迎えた後半14分に南野が投入され、それと同時に4-2-3-1の新システムへと切り替えられた。すると同28分、エジプト代表FWモハメド・サラーの持ち運びからブラジル代表FWロベルト・フィルミーノへとボールが渡ると、これがダイレクトで南野へ。南野はワンタッチでサラーにパスを送ろうとしたが、相手DFに当たってゴール前にボールがこぼれ、即座に反応した南野が右足で押し込み貴重な同点弾を奪った。

 南野にとっては待望の移籍後初ゴールとなったが、英地元紙「リバプール・エコー」は「南野の宣言でリバプールはパニックを免れる」と見出しを打ち、「アーセナル相手の敗戦の中で、南野は感銘を与えた」と取り上げている。また、オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクのコメントも紹介し、「彼が殻を破ったことは、我々にとっての朗報だ」と“世界最高のCB”からも高評価を受けていることを説明していた。

 昨季はノーゴールノーアシストと結果を残せず、チームがリーグ優勝を果たすなかで悔しいシーズンを過ごした南野。アーセナル戦は1-1で迎えたPK戦で4人目のキッカーを務め、しっかりと決め切ったが、最終的には4-5で敗れることに。それでも、南野にとっては勝負の新シーズンに向け、大きな一歩となったことは間違いないだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング