南野が待望のリバプール移籍後初ゴール! 貴重な同点弾で歓喜の咆哮を披露

移籍後初ゴールを決めたリバプールMF南野拓実【写真:AP】
移籍後初ゴールを決めたリバプールMF南野拓実【写真:AP】

コミュニティー・シールドでアーセナルと対戦し、途中出場の南野は初ゴールで同点

 リバプールは現地時間29日、コミュニティー・シールドでアーセナルと対戦。日本代表MF南野拓実は後半14分に途中出場し、同28分に待望の初ゴールを記録した。貴重な一撃でチームは1-1に追いつき、PK戦に突入するも、4-5で敗れた。

 2019-20シーズンに30年ぶりのリーグ優勝を果たしたリバプールだが、UEFAチャンピオンズリーグはベスト16で敗退したため、7月26日のプレミアリーグ終了とともに束の間のオフに突入。約半月の休暇を経て、オーストリアでキャンプイン。親善試合を経て、アーセナルとのコミュニティー・シールドを迎えた。

 リバプールは主将のイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンと同DFトレント・アレクサンダー=アーノルドは負傷の問題から招集外となったものの、現状のベストメンバーを起用。南野はベンチスタートとなった。試合は前半6分にセットプレーからオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクがネットを揺らすも、オフサイドで取り消しとなる。

 すると、前半12分、左サイドでボールを受けた相手FWピエール=エメリク・オーバメヤンが右足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール右に突き刺さり、先制点を献上して前半を折り返した。後半は膠着した展開が続くなか、後半14分に南野を投入し、システム変更に踏み切る。4-2-3-1システムで、南野は左サイドに配置された。

 そして後半28分、南野に待望の瞬間が訪れる。エジプト代表FWモハメド・サラーの持ち運びからペナルティーエリア内で構えるブラジル代表FWロベルト・フィルミーノへと渡し、ダイレクトで南野へつなぐ。南野はワンタッチでサラーへとパスを送ろうとするが、相手DFに当たり、ゴール前にボールがこぼれる。すかさず反応した南野が右足で押し込んで、貴重な同点弾。ゴール後、ボールを拾って力強い雄叫びを見せていた。

 試合はそのまま1-1で90分を終え、PK戦では4-5で敗れた。今年1月に加入した南野は2019-20シーズンをノーゴールノーアシストで終える悔しい半シーズンを過ごすことになったが、プレミア開幕前のビッグマッチで喉から手が出るほど欲しかったゴールを奪っている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング