南野、ミルナーと魅せた“完璧ワンツー”をリバプール公開「半端ない!」「美しいプレー」

古巣ザルツブルクとの親善試合に出場したMF南野拓実【写真:Getty Images】
古巣ザルツブルクとの親善試合に出場したMF南野拓実【写真:Getty Images】

ザルツブルク戦でミルナー→南野→ミルナー→ブリュースターの華麗な連係弾を披露

 リバプールは現地時間25日、プレシーズンマッチでザルツブルクと対戦し、2-2と引き分けた。日本代表MF南野拓実にとっては半年前まで在籍していた古巣との対決となり、後半頭から途中出場した。クラブ公式SNSは南野と元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーによる華麗なワンツーからのゴールを動画で公開している。

 今季30年ぶりのリーグ優勝を果たしたリバプールだが、UEFAチャンピオンズリーグではベスト16と早期敗退を喫していたため、7月26日のプレミアリーグ終了とともに束の間のオフに突入。約半月の休暇を経て、オーストリアでキャンプインしている。南野にとっては移籍後初となるプレシーズンとなるが、親善試合で古巣のザルツブルクと対戦した。

 0-2で前半を折り返すことになったが、後半頭からメンバーを総替えし、南野拓実も最前線に配置されると、後半27分にミルナーとの華麗な連携から得点を演出する。左サイドでボールを持ったミルナーが中央の南野へパスを送りペナルティーエリア内へと侵入。ダイレクトのワンツーで守備網を打開し、最後はグラウンダーのクロスをFWライアン・ブリュースターが押し込んで1点を返した。

 さらに後半36分にもブリュースターがネットを揺らして同点に。試合は2-2で終了したなか、クラブ公式インスタグラムが1得点目の場面を動画で公開。南野が絡んだ華麗な連係にコメント欄では「パーフェクト」「素晴らしい流動性」「半端ない!」「見事だ!」「美しいプレー」とファンから反響が寄せられていた。初ゴールはお預けとなったが、南野は着実な適応を見せている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング