スペイン日本人選手7人の“明暗”、海外メディアが査定 「すべてが悪化」「高い評価」

スペインで活躍している(左から)久保、柴崎、岡崎、香川【写真:Getty Images & AP & SD Huesca】
スペインで活躍している(左から)久保、柴崎、岡崎、香川【写真:Getty Images & AP & SD Huesca】

「まずまず」評価は3人、「悪い」の評価を受けたのは…

 バイエルンの優勝でUEFAチャンピオンズリーグが幕を閉じたなか、海外メディアが2019-20シーズンにスペインでプレーした日本人プレーヤー7人を査定した。「すべてが悪化」と評された選手もいれば、「メディアから高い評価」と賛辞を送られた選手など、明暗がくっきりと分かれている。

 コロナ禍に見舞われた2019-20シーズンの欧州リーグで、多くの日本人プレーヤーたちが激しい競争のなかでしのぎを削った。ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」はスペインで戦った7人の日本人に注目し、シーズン査定を行っている。

「まずまず」の評価を受けたのは、MF乾貴士(1部エイバル)、MF香川真司(2部サラゴサ)、MF安部裕葵(3部バルセロナB)の3人だ。スペインで5シーズン目を戦った乾は29試合(2ゴール)とコンスタントに出場し、「クラブが降格から逃れるのを助けた」と称賛されている。

 また、スペイン初挑戦コンビも上々の1年目を過ごした。「その才能が違いをもたらしたが、絶対的な先発メンバーではなかった」と評された香川。2部リーグ戦で31試合4ゴールは飛び抜けた成績ではないものの、1部昇格プレーオフ準決勝で存在感を放ち、改めて存在感を示した。また2月に右太腿二頭筋断裂で離脱した安部は、それまで20試合4ゴールの活躍を見せ、「左ウイングで、しばしば偽9番として起用された」と一定の評価を受けている。

 その一方、苦戦を強いられた1人がMF柴崎岳(2部デポルティボ)で、「悪い」のシーズン査定を受けた。怪我もありながらリーグ戦26試合に出場したが本領を発揮したとは言えず、「すべてが悪化していくのを見た」と記されている。最低評価を受けたのはGK山口瑠伊(2部エストレマドゥーラ→レクレアティボ・ウエルバ)だ。念願のスペインデビューを飾るも、リーグ戦出場はこの1試合にとどまり、「再び声が掛かることはなかった」と触れている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング