「もっと大胆になっていい」 日韓W杯優勝のブラジル代表DF、ビジャレアル行きの久保に助言

ビジャレアルでの活躍が期待されるMF久保建英【写真:Getty Images】
ビジャレアルでの活躍が期待されるMF久保建英【写真:Getty Images】

かつてビジャレアルでプレーしたエジミウソン氏は、久保のスペイン1年目に“合格点”

 日本代表MF久保建英は来たる2020-21シーズン、レアル・マドリードからの期限付き移籍で“イエローサブマリン”ことビジャレアルでプレーする。ウナイ・エメリ新監督の下、スペイン代表FWパコ・アルカセル、コロンビア代表FWカルロス・バッカ、スペイン代表MFダニエル・パレホ、ナイジェリア代表MFサムエル・チュクウェゼら実力者が揃うリーガ・エスパニョーラの強豪でどのようなパフォーマンスを見せるのか期待は高まる。

 久保のビジャレアルでの可能性を探るべく、現役時代にリヨンやバルセロナ、現在MF香川真司が所属するサラゴサ、そしてビジャレアルでもプレーし、2002年の日韓ワールドカップではブラジル代表の一員として世界一にも輝いた元ブラジル代表DFエジミウソン氏を直撃。現在は日本からの投資によるサッカークラブ「FC SKA(スカ)ブラジル」の会長を務め、日本の若い選手や少年たちを積極的に受け入れるなど、スペインと日本の両国と関係の深い守備職人の“久保評”を訊いた。

 2019-20シーズンをマジョルカで過ごした久保は、リーグ戦35試合に出場して4得点4アシストを記録。クラブはリーグ19位に沈んで2部降格となったが、個人としては世界最高峰のスペイン挑戦1年目で堂々たる成績を残した。エジミウソン氏も「とても良くやっていたと思う」とパフォーマンスについて語る。

「久保はその才能を見せ始めることができていた。ただ、彼にとって厳しい状況だったのは、所属していたマヨルカ自体が難しい時を過ごしていたということ。何年も2部にいて、2年前には2部B(3部相当)にもいたチームだ。今季に関しては、投資できる予算も少なかった。久保がレベルの高いプレーを見せられたのは良かったけど、チームのレベルが低い中でプレーするのはすごく難しいんだ。そしてさらに、高いレベルの中に戻った時には、適応するのがまた難しくなる。とはいえ、良いシーズンにできたと思う。彼自身の持つレベルの高いサッカーを維持できていたからね」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング