VARでも確認不可? 判定困難なPKシーン、主審が注視する“二つのポイント”を識者指摘

広島MFハイネルと浦和MF汰木康也のマッチアップの判定に注目(写真は該当シーンとは別のシーン)【写真:Getty Images】
広島MFハイネルと浦和MF汰木康也のマッチアップの判定に注目(写真は該当シーンとは別のシーン)【写真:Getty Images】

広島MFハイネルのスライディングによるPK献上シーンには出演者も困惑

 スポーツチャンネル「DAZN」で毎週配信される『Jリーグジャッジリプレイ』も今シーズンの第13回を迎えた。今回取り上げたシーンの中には、識者を含め、出演者全員を悩ませるシーンがあった。

 該当シーンはJ1第10節、浦和レッズ対サンフレッチェ広島の序盤に生まれている。前半4分、浦和FWレオナルドが出したスルーパスに抜け出したMF汰木康也に対し、広島MFハイネルがペナルティーエリア内でやや後方からスライディングタックルを試みた。汰木は倒れ、飯田淳平主審は浦和にPKを与えたが、ハイネルにはノーカードの判定。このタックル、角度によって接触していないようにも見え、今回の番組でも取り上げられることになった。

 最初に意見を求められた平畠啓史氏は困惑気味に「分からないです」と回答。Jリーグ副理事長の原博実氏も「難しいね」と答えに困る様子だった。実際、映像で何度確認しても、「接触しているかどうか」がハッキリとは分からないシーンとなっている。

 事象が起こった場所はペナルティーエリア内の左寄りで、ピッチの内側から見ると、汰木の足元をハイネルがスライディングで隠す形になっており、主審の位置からは見えづらい位置にあった。では、主審はどのようにして判定を下したのか。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング