「最高のオプションだった」 ビジャレアル移籍の久保が記者会見「ポジションはどこでも良い」

ビジャレアルで会見を行った久保建英【写真:Getty Images】
ビジャレアルで会見を行った久保建英【写真:Getty Images】

ロイグ会長からは「さらなる成長になり、良いシーズンになるよう期待している」と言及

 ビジャレアルは現地時間11日、前日にレンタルで獲得したばかりの日本代表MF久保建英の入団会見を実施。今季リーガ・エスパニョーラ5位に入った強豪の一員となった19歳は、流暢なスペイン語で「ビジャレアルを選んだのは最高のオプションだった。ポジションはどこでも良い」と新天地での思いを語った。

 2019年夏にFC東京からレアル・マドリードへ完全移籍した久保は、開幕直後にマジョルカへ期限付き移籍。リーグ戦35試合4ゴール4アシストをマークして存在感を放った。レアル・ソシエダやセビージャ、グラナダ、パリ・サンジェルマンなど30以上のクラブがオファーを出したとされるなか、ウナイ・エメリ新監督が就任したビジャレアルが有力とされていた。

 10日にメディカルチェックで始動したビジャレアルは同日、久保のレンタル移籍を正式発表。大きな注目を集めたなか、翌11日に入団会見が行われ、漢字で「久保建英」の文字が施された“サブマリン”のユニフォームを受け取り、メディアの質問に答える様子がクラブ公式YouTubeチャンネルでも生配信された。

 冒頭、ビジャレアルのフェルナンド・ロイグ会長は、「さらなる成長になり、我々が良いシーズンになるよう期待している」と久保について言及。久保は「ビジャレアルと対戦した時にハードだったのを覚えている。今回はそれが逆になるので楽しみ」と語った。

「ビジャレアルを選んだのは最高のオプションだった。ポジションはどこでも良い。ビックチームにはチーム内の競争がある。みんなで助け合わないといけない」

 時に笑顔も交え、スペイン挑戦2年目のプレーの場となるビジャレアルについて語った久保。ウナイ・エメリ監督の下でどのような活躍を見せるのか注目が集まる。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング