アーセナルが“エース慰留”へ全力 オーバメヤンに週給3400万円の3年契約を提示か

アーセナルFWオーバメヤン【写真:AP】
アーセナルFWオーバメヤン【写真:AP】

FA杯決勝で殊勲の2ゴール、アルテタ監督は自信「おそらく長く留めておける」

 アーセナルは1日に行われたFAカップ決勝でチェルシーに2-1と勝利し、3年ぶり14回目の優勝と来季のUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得した。チームを優勝に導く2ゴールを記録したガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンに対し、クラブは週給25万ポンド(約3400万円)のオファーを提示するという。英紙「デイリー・スター」が報じている。

 アーセナルとの契約が2021年6月までとなっているオーバメヤンは、チェルシーとの大一番で2ゴールを決めて、その重要性を証明した。今シーズンの全公式戦での通算得点数を「29」に伸ばしたオーバメヤン。ミケル・アルテタ監督は、EL出場権獲得が契約延長の理由になると考えていたようだが、オーナーのスタン・クロエンケ氏は新たに週給25万ポンドの3年契約を提示するという。

 31歳のオーバメヤンは、次がキャリア最後の大きな契約になると理解しており、バルセロナ、インテルといったクラブが獲得に関心を示していた。アルテタ監督は、今週中にもオーバメヤンが契約延長することを期待しており、元フランス代表FWティエリ・アンリ、元イングランド代表FWイアン・ライト、元オランダ代表FWデニス・ベルカンプといったアーセナルのレジェンドと同じ道を辿ることを願っている。

 アルテタ監督は「サッカーで最も難しいのは、良いストライカーを見つけることだ。それは間違いなく、彼は物事が簡単だと思わせてくれる。このクラブには、常に素晴らしいストライカーがいた。そしてオーバは、そうした選手たちと比較されて然るべきだ。タイトルを勝ち取り、長期間在籍することで、近付ける。おそらく彼を長く留めておけるだろう」と、キャプテンの残留に期待を寄せた。

 リーグ戦を8位で終え、来季のUEFA主催大会の出場権獲得が危ぶまれていたアーセナルだが、タイトル獲得、EL出場権獲得に次ぐエースの残留という吉報を、ファンに届けることができるだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング