「彼のキャリアのためにも…」 武藤嘉紀の今夏退団を英メディア提言「去る必要がある」

ニューカッスルFW武藤嘉紀【写真:Getty Images】
ニューカッスルFW武藤嘉紀【写真:Getty Images】

事実上の“戦力外”扱いが続く武藤、英メディアは「退団すべき選手」と査定

 ニューカッスルは今季プレミアリーグで低調なスタートとなったが、最終的には13位で残留に成功した。そんななか、英メディアは「今夏ニューカッスルに残るべき選手と退団すべき選手を査定」と見出しを打ち、日本代表FW武藤嘉紀について「彼のキャリアのためにも去る必要がある」と主張している。

 マインツで3シーズンにわたって活躍し、2017-18シーズンにはブンデスリーガで27試合8得点をマークした武藤は、18年夏にニューカッスルへ移籍。念願だったプレミアリーグ挑戦のチャンスをつかんだが、待っていたのは苦悩の日々だった。リーグ初先発を飾った昨季第8節のマンチェスター・ユナイテッド戦(2-3)で強烈なゴールを奪う幸先の良いスタートを切ったものの、それ以降は徐々にベンチ、もしくはベンチ外が多くなっていった。

 今季もリーグ戦出場が8試合、先発はわずか2試合にとどまり、事実上の戦力外の状況となっているが、英メディア「90min」は「残るか去るか? 今夏ニューカッスルに残るべき選手と退団すべき選手を査定」と見出しを打ち、武藤については「去るべき」と評価している。

 記事では「この日本代表は2018年にマインツから加入して以降、一切主力の座を勝ち取ることはなく、今季も8試合の出場に終わった。仕事を果たしていると言えないのは明らかで、彼のキャリアのためにも去る必要がある」と、チームと選手の双方にとって退団が最良であると主張していた。

 7月で28歳となり、キャリアのピークと言える時期を過ごしている武藤。来季に向けてどのような決断を下すのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング