「危機一髪」 南野拓実、強烈ミドル弾の“神回避”にファン注目「なんて避け方だ!」

リバプールMF南野拓実の行動に注目【写真:AP】
リバプールMF南野拓実の行動に注目【写真:AP】

ニューカッスル戦に先発出場した南野、オリギの追加点の際に見せたシュート回避が話題に

 リバプールは現地時間26日、プレミアリーグ最終節でニューカッスルと対戦し、3-1で逆転勝利を収めた。日本代表MF南野拓実は8試合ぶりの先発出場を飾ったが、ベルギー代表FWディボック・オリギが決めた逆転ゴールの際に南野が見せた“神回避”にファンも注目している。

 左ウイングに配置された南野は前半29分、左サイドからパスを受けて鋭い反転で相手DFを振り切ると、ペナルティーエリア手前から右足を一閃。強烈なミドルシュートは枠を捉えるも、相手GKの好セーブに阻まれてしまう。しかし、最前線に入ったオリギと流動的にポジションを入れ替える連携でニューカッスルの守備陣に脅威を与えていた。

 そんななか、1-1で迎えた後半14分、オリギが逆転ゴールを奪う。左サイドでボールを持ったオリギがカットインして右足を振り抜く。ペナルティーエリアに走り込んでいた南野は軌道に入ってしまったが、間一髪しゃがんでシュートをかわすと、ボールはそのままゴール右に突き刺さった。

 公式インスタグラムは「ボスのようなフィニッシュだ、ディボック!」と文章を添え、ゴールシーンを動画で公開。すると、コメント欄には「危機一髪のミナミノ!」「シュートの軌道でしゃがんだミナミノも称賛に値する」「なんて避け方だ、タキ!」「タキの身のかわしがナイスだった!」とファンも注目を寄せていた。初ゴールは来季に持ち越しとなった南野だが、今度はゴールでファンを喜ばせたいところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング