J2東京Vが「共創型」3rdユニフォーム発表! サポーターから募集した写真を柄の要素に採用

J2東京Vが「共創型」3rdユニフォーム発表【写真:TOKYO VERDY】
J2東京Vが「共創型」3rdユニフォーム発表【写真:TOKYO VERDY】

クラブに関わるすべての人たちと"結集"し、"明るい未来"をともに創っていく意思を表現

 東京ヴェルディは27日、2020シーズンの3rdユニフォームデザインを発表した。今年5月に「UNITE FOR FUTURE」プロジェクトで公募した写真をデザインの要素に、“共創型”3rdユニフォームのデザインが決定。9月12日のJ2リーグ第19節ザスパクサツ群馬戦、同26日の第22節ギラヴァンツ北九州戦で着用する。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 コンセプトは東京が結集する力を掲げた2020年のシーズンコンセプト「UNITE ENERGY」を継承。コロナ禍などの苦難に対し、選手やスタッフだけでなく、クラブに関わるすべての人たちと”結集”し、”明るい未来”をともに創っていく意思を表している。

 また、カラーは夜が明けつつある東京の紺色の空に、未来を照らし出す希望の光が差し込む様子をヴェルディグリーンで表現。多様な要素を組み合わせることで、新しいイメージを創作するコラージュ技法を採用し、プロジェクトに寄せられた「”明るい未来”」の写真が結集した共創デザインになっている。

 サポーターから募集した写真がユニフォームの柄の要素になるのは世界的にもあまり例はなく、コンセプト・デザインからプロモーションまで一環したコミュニケーションのなかで製作されたこだわりの逸品だ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング