ブラジル代表FWが年間20得点の目標公言 エバートン名将が異論の理由とは?

エバートンで活躍するブラジル代表FWリシャルリソン【写真:AP】
エバートンで活躍するブラジル代表FWリシャルリソン【写真:AP】

今季13得点のリシャルリソンに対して、アンチェロッティ監督が求める高い目標

 エバートンはプレミアリーグの最終節を前に11位に位置している。今季、リーグ戦37試合を終えてチーム全体で43得点を挙げているが、カルロ・アンチェロッティ監督はこの数字に満足できていないのだろう。エースのブラジル代表FWリシャルリソンが「来季は20ゴールを挙げたい」と掲げた目標を切り捨てた。英紙「デイリー・メール」が報じている。

 マルコ・シウバ監督の下でシーズンをスタートさせたエバートンだったが、チームは低迷し、2019年12月にはナポリの監督を解任されたばかりのアンチェロッティ監督と4年半の契約を結んだ。ミラン、レアル・マドリード、チェルシーなどで指揮を執った経験のあるイタリア人監督は、ゴール数を増やす必要性を痛感しているのだろう。

 リシャルリソンは、今季のリーグ戦では13ゴールを挙げ、三つのアシストを記録している。これはエバートンの全ゴールのうち、37%に絡む活躍であり、1月にはバルセロナが獲得に関心を示したとも報じられた。

 クラブの公式メディアで、来季の目標を問われたリシャルリソンは、20得点を目指すと発言したが、アンチェロッティ監督は不十分だと感じたようだ。

「リシャルリソンが、目標のゴール数を20と言ったのは間違っている。彼にとって20は目標である必要がない。最低でも30は目指すべきだ。私は年間60ゴールを挙げるストライカーを抱えていたことがある。それが誰かは問題じゃない。だが、イングランドでも、ディディエ・ドログバは1シーズンで29得点を挙げている。だから、リシャルリソンも30点を目指すべきだ。20点じゃなくてね」

 アンチェロッティ監督が口にした、年間60ゴールを挙げたストライカーというのは、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)だ。彼は2014-15シーズンにアンチェロッティ監督の下で年間61得点を挙げている。世界最高峰の名手を比較に出したのは、期待の裏返しとも言えるだろう。

 イングランド人FWドミニク・キャルバート=ルーウィンと並ぶ、チーム最多13ゴールを挙げているリシャルリソンだが、来季は指揮官を満足させる活躍を見せられるだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング