シティの処分撤回にプレミア指揮官が“舌戦” ペップは謝罪要求「傷ついたことを知るべき」

(左から)クロップ監督、グアルディオラ監督、モウリーニョ監督【写真:Getty Images】
(左から)クロップ監督、グアルディオラ監督、モウリーニョ監督【写真:Getty Images】

モウリーニョとクロップが批判的なコメントを残す

 欧州サッカー連盟(UEFA)が3月に下したマンチェスター・シティの欧州大会への出場停止処分は、13日にスポーツ仲裁裁判所(CAS)によって無効とされた。これを受けて、リバプールのユルゲン・クロップ監督、トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督は不満を口にしたが、“ペップ”ことジョゼップ・グアルディオラ監督も彼らに反論をしている。英紙「デイリー・テレグラフ」が報じている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 モウリーニョ監督は、UEFAの大会への出場を認めつつも、一部の罰金を科すとしたCASの判定に異論を唱えた。「シティが有罪でないなら、罰金を科すのは恥ずべきことだ。無罪なら、罰は与えられないべきであり、有罪なら罰を受けるべきだ」と主張し、次のように皮肉たっぷりに語っている。

「ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)は終わるだろう。来シーズン、FFPなしで、新たなオーナーが移籍市場で多くの金を使う。(新オーナーを迎えるニューカッスルの)スティーブ・ブルース監督にとっては、さらに歓迎すべき状況だろう。FFPは、本当になくなると思う。新しいオーナーたちは、そう感じるだろう。サーカスの扉は開かれたのだから、楽しもうじゃないか」

 また、判決の翌日に取材に応じたクロップ監督は「個人的には、来シーズンもシティがUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を戦うことになるのは嬉しい決定だ。リーグ戦のことを考えれば、公式戦が10から12試合少なくなるシティは、選手たちを休めることができたからだ。そうすると、他チームにはリーグ戦で勝つ可能性はなかったからね」としたうえで、「しかし、サッカー界にとっては、昨日は良い日とは言えないだろう。FFPは良い考えだと思う。チームや大会を守るためのものだった」と、続けている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング