1対2の大ピンチでどう守り抜く? ファン・ダイクの“最上級対応”を元日本代表DFが解説

リバプールDFファン・ダイク(左)が昨季の対トッテナム戦で見せた守備対応を栗原氏が絶賛【写真:Getty Images】
リバプールDFファン・ダイク(左)が昨季の対トッテナム戦で見せた守備対応を栗原氏が絶賛【写真:Getty Images】

栗原氏が昨季トッテナム戦でファン・ダイクが見せた守備対応を絶賛 「見れば見るほど高度な守備」

 リバプールは昨季に14年ぶりのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝を達成し、今季は30年ぶりのプレミアリーグ制覇を果たしている。文字どおり“黄金期”に突入しているが、その礎を築いているのが。ディフェンスリーダーを担うオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクだ。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 2018年にリバプールへ加入したファン・ダイクは、すぐさまディフェンスリーダーとしての座を確立。昨季はプレミア年間最優秀選手にも輝き、バロンドールもバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに次ぐ2位に入賞している。世界最高のDFとして名を馳せるシーズンとなった。

 そんなファン・ダイクがトップクラスの実力を披露した象徴的な場面の一つに、昨季リーグ第32節トッテナム戦(2-1)のワンシーンが挙げられる。試合終了間際に1対2の大ピンチを迎えたが、その窮地を打開した守備対応について、昨季限りで現役を引退した元日本代表DF栗原勇蔵氏が「Football ZONE Web」で解説している。

 1-1で迎えた後半40分、前がかりになったリバプールは、敵陣でボールを失うと、トッテナムに素早いカウンターを仕掛けられ、FWソン・フンミンとMFムサ・シソコの2人に抜け出されてしまう。自陣に構えていたのはファン・ダイクのみで、1対2という絶体絶命の局面に直面した。

 しかし、ここでファン・ダイクが見事な対応を見せる。左サイドをドリブルでボールを持ち運ぶシソコと、右サイドのスペースに向かって走り込むソン・フンミンの間にポジションを取り、パスコースを切りながらも完全にフリーにさせない距離感でシソコを縦へと前進させる。

 判断に迷ったシソコが左足に持ち替えてシュートモーションに入った瞬間、ファン・ダイクは爆発的なスピードで詰めて足を伸ばし、圧力を感じたシソコのシュートは大きく枠を逸れることになった。的確な対応を見せたファン・ダイクだが、栗原氏はこのワンシーンに「見れば見るほど高度な守備ですね、これ」と舌を巻いている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング