初のJリーグ監督を経て描く“夢” 新潟アカデミーを変革、日本の育成の「先を行きたい」

新潟のアカデミーダイレクターとU-18監督を兼任する吉永一明氏【写真提供:アルビレックス新潟】
新潟のアカデミーダイレクターとU-18監督を兼任する吉永一明氏【写真提供:アルビレックス新潟】

【高校、ユース、Jを率いた吉永一明の指導論|最終回】昨季途中から初めてJ2で指揮、昇格を逃し「今でも悔しい」

 2019年4月14日付けで、吉永一明はJ2アルビレックス新潟の監督に就任した。

 片渕浩一郎監督体制でスタートしたシーズンだったが、9節を終えて3勝3分3敗。J1昇格を急ぐ首脳陣は監督交代の断を下し、アカデミーダイレクターだった吉永を急きょ後任に据えた。

「当然、昇格という結果を残すことが最優先でした。しかし昨年から育成型クラブとしてやっていくという方針を定め、『新潟らしさとは?』を追求し、クラブのフィロソフィーを明確にしながら未来につなげていくシーズンにしていかなければならないという意識もあり、だから引き受けた仕事でした。新潟のアカデミーを見ても、身体のサイズやフィジカル能力よりは、テクニックやインテリジェンスで優れている選手が多い。将来彼らが活きるようなサッカーをしなければいけないとは考えました」

 残念ながらJ1復帰は叶わず、吉永は監督を退任し再びアカデミーダイレクター(U-18監督を兼任)の仕事に戻った。しかし、アカデミー出身で十代の本間至恩や岡本將成が中心的なメンバーとして定着し、前橋育英高校出身の秋山裕紀もプロデビューを果たした。

「結果が伴わず、今でも悔しい気持ちで一杯です。もちろん、もう少し時間が欲しかったという想いもありますが、多少なりとも昨年積み上げてきて今のトップチームにつながるものもあると思います。実際若い選手たちは、若いからという理由で出場したわけではない。これからはアカデミーから継続的に選手を引き上げていけば、やがてはそれがクラブの力になる。未来の結果を後押ししていければ嬉しいですね」

 コロナ禍による自粛中には、新潟のアカデミー育ちで急性白血病から復活を果たした早川史哉を招き、後輩たちへ向けてのZOOMミーティングを開いた。

「彼は早くから北信越では抜けた存在でしたが、それ以上の選手たちがいることも知っていた。そこで中学時代の自分を客観視して、プロになるにはどうすれば良いかを考え続けてきたそうです。今、ウチのアカデミーでは、成長スピードを上げ、17歳でのトップ昇格を目指そうと話し合っています。これだけ大卒のJリーガーが多いのを見ても、どうしても日本の選手たちは遅咲きの傾向が強い。やはり中学年代からのアプローチを考えていかなければ、と話し合っています」

page1 page2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング