今季4得点目のマジョルカ久保建英、ゴールを「贈る」と決めていた相手とは?

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

レバンテ戦でダメ押しの追加点を決め、貴重な勝ち点3獲得に貢献

 マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間9日、リーガ・エスパニョーラ第35節レバンテ戦に先発出場し、後半39分に追加点を決めて2-0の勝利に貢献した。試合後、久保は「ずっと成長しているし、この形で続けていくべき」とチームへの手ごたえを語った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 降格圏の18位に沈むマジョルカにとって、レバンテ戦は勝ち点3の獲得が求められる正念場の一戦。久保が11試合連続でスタメンに名を連ねたなか、前半40分にコロンビア代表FWクチョ・エルナンデスがヘディング弾を叩き込み、先制点を奪う。後半はレバンテに押し込まれる展開が続いたが、日本の19歳が魅せた。

 1-0で迎えた後半39分、ハーフウェーライン付近でボールを受けた久保がドリブルを開始。巧みなステップワークで相手DFを揺さぶりながらペナルティーエリア内に侵入し右足でシュートを放つも、これは相手GKに阻まれてしまう。それでもマジョルカがボールを拾ってつなぐと、MFサルバ・セビージャが詰めたこぼれ球に久保がいち早く反応して押し込み、試合の行方を決する追加点を奪った。

 リーグ再開後1勝1分5敗と苦しみ、苦しい残留争いを強いられるなかで貴重な勝ち点3を獲得。久保はマジョルカ公式サイトを通じ、試合の出来と今後についてコメントを残している。

「点を取れてとても満足している。狙っていた結果で、試合を終えてチームは幸せを感じている。僕らは望んでいた形で試合をしていて、ずっと成長しているし、この形で続けて行くべき。(GKコーチの)マエストロに次のゴールは彼に贈ると言っていたんだけど、どうやらそのことを覚えていなかったみたいだね」

 久保はゴール後にマジョルカのベンチ前まで駆けていき、お辞儀ポーズを披露したが、コーチへゴールを贈ると約束していたことも関係していたようだ。また、1部残留争いについても冷静に前だけを向いている。

「僕らは日曜日(12日)にセビージャと戦うけど、目一杯やり、失点せず、勝利を狙う。できることならピスファンで勝ち点3を取りたい」

 久保は今、間違いなくマジョルカの中心にいる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング