久保が「マジョルカの夢を生かした」 殊勲のゴールをスペイン絶賛「クレイジープレー!」

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

久保が今季4ゴール目となる追加点、マジョルカはレバンテに2-0勝利

 マジョルカは現地時間9日、リーガ・エスパニョーラ第35節でレバンテと対戦し、2-0で勝利を収めた。11試合連続の先発出場を飾った日本代表MF久保建英は、後半39分に今季4ゴール目となる追加点を奪った。スペインメディアは「久保がマジョルカの夢を生かした」と取り上げている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 降格圏の18位に沈むマジョルカにとって勝ち点「3」が必須の一戦となったなか、久保は右サイドで先発を飾った。試合は前半40分にFWクチョ・エルナンデスがヘディング弾を叩き込み、マジョルカが先制点を奪う。後半はレバンテに押し込まれる展開が続いたが、日本の19歳が決定的な仕事を果たす。

 1-0で迎えた後半39分、ハーフウェーライン付近でボールを受けた久保がドリブルを開始。巧みなステップワークでマッチアップした相手DFを振り切り右足でシュートを放つも、これは相手GKのセーブに遭う。それでもマジョルカがこぼれ球を拾ってつなぎ、MFサルバ・セビージャが詰めたこぼれ球に久保がいち早く反応して押し込み、試合を決する追加点を奪った。

 スペインメディアは今季4ゴール目を記録した殊勲の久保に注目。スペイン紙「マルカ」は「クレイジープレー! 久保が煮込んで、それを食べた!」と表現すると、スペイン紙「スポルト」は「久保がマジョルカの夢を生かした」と見出しを打っている。

 また、スペインメディア「エル・デスマルケ」は「エリア内で射撃の実力を示した唯一の存在」と大々的に取り上げた。チームは2試合ぶりの勝利で勝ち点を「32」に伸ばし、残留争いに踏みとどまっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング