ランパード監督、チェルシーの新鋭FWにアドバイス 「途中出場でも、先発でも…」

チェルシーのランパード監督(右)がハドソン=オドイの課題を指摘【写真:Getty Images】
チェルシーのランパード監督(右)がハドソン=オドイの課題を指摘【写真:Getty Images】

アキレス腱負傷のMFロフタス=チークにも言及 「違いを作ってくれる」

 チェルシーのフランク・ランパード監督は今季、アカデミー育ちの若手を数多く起用して結果を出してきた。イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイもその1人だが、大型補強の続いているチームのなかでは、先発起用され続けるためには、安定感が必要だと指揮官は考えているようだ。英紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 ランパード監督は、ハドソン=オドイとイングランド代表MFルベン・ロフタス=チークの能力に疑いを持っていない。しかし、両者はシーズン中に負傷にも苦しめられており、ランパード監督は長期的に結果を出すためには、改善する点もあると話している。それでも、長期離脱から復帰した2人が、来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の出場権獲得、そしてFA杯優勝に向けた戦力になることを期待している。

 2018-19シーズンの終盤にアキレス腱を負傷したロフタス=チークについて、ランパード監督は最高の状態に戻るのは来季以降だと考えているようだ。

「両者は似たような状況にあるが、それぞれ違っている。ルベンは、長期にわたって試合に出場していない。ロックダウンになる前に、U-23の試合に何試合か出場させようとしていた。そのため、ルベンについては、状態を回復するのに良い時間になったと思う。彼はとてもフィットしているけど、現実的にはプレシーズンを過ごして迎える来シーズンの活躍が期待される。その時が来るのが待ち遠しい。もちろん、だからといって今も貢献できないわけではない。途中出場するかもしれないし、先発出場するかもしれないが、彼は本当に違いを作ってくれる」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング