鹿島MF三竿、戦術面で「中断期間はプラス」と分析 ダービーに臨む鳥栖FW豊田は医療従事者へ感謝

DAZNの2020Jリーグリモートカンファレンスが行われた(写真は開幕前のカンファレンスのもの)【写真:高橋学】
DAZNの2020Jリーグリモートカンファレンスが行われた(写真は開幕前のカンファレンスのもの)【写真:高橋学】

「2020Jリーグリモートカンファレンス」が開催され、J1全18クラブの選手1名が登場

 スポーツチャンネル「DAZN」は、7月4日に迫ったJ1リーグ戦再開を前に、トークイベント「2020Jリーグリモートカンファレンス」を独占ライブ配信。第2部ではJ1全18クラブから代表して選手1名ずつが登場し、ゲームへの意気込みを語った。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 Jリーグ副理事長の原博実氏から、今回の日程は2月末での公式戦中断につながった新型コロナウイルスの感染拡大という社会情勢があり、まずは近隣のチーム同士の対戦からスタートすることになったと説明があった。そして、この再開の一戦はすべてのスタジアムで無観客の“リモートマッチ”で行われる。

 東日本では、昨季王者の横浜F・マリノスが浦和レッズと敵地で対戦する。昨季のMVPと得点王をダブル受賞した横浜FMのFW仲川輝人は「コンディションは上がってきているし、(練習でも)バチバチやっている」と、状態に自信を見せた。迎え撃つ浦和では、古巣対決となるDF山中亮輔がトレーニングマッチを踏まえ「人がいない埼玉スタジアムは寂しかった」と話したものの、「声が通るのでコミュニケーションを取れるのはポジティブ」と試合環境に言及した。

 また、川崎フロンターレと対戦する鹿島アントラーズは、昨季は天皇杯の決勝まで勝ち残り、今季はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のプレーオフから出場したことで、オフの短さが話題になった。ザーゴ新監督の戦術も浸透しないなかでACLは本戦出場を逃しただけに、MF三竿健斗は「戦術を落とし込む時間が足りずに開幕してしまったので、中断期間はプラスになったと思う。公式戦に勝つことが自信につながる。去年は怪我でフロンターレ戦に出られなかった。自分がどれだけ通用するのか楽しみ」と力を込めた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング