リバプール、“5つの新記録”に高まる期待 リーグ優勝後の終盤戦に英紙注目

前節でも快勝のリバプールが今季中に狙える記録とは…【写真:AP】
前節でも快勝のリバプールが今季中に狙える記録とは…【写真:AP】

30年ぶりのリーグ優勝を飾ったリバプール、5つの記録更新なるか

 現地時間25日、30年ぶりとなるプレミアリーグ優勝が決定した日本代表MF南野拓実が所属するリバプール。リーグ史上初めて6月にタイトルを手にしたチームとなったが、それ以外にもいくつかリーグ記録更新の可能性があると英紙「リバプール・エコー」が報じた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 1つ目が最多勝ち点差での優勝だ。現在のリーグ記録は2017-18シーズンにマンチェスター・シティが打ち立てた「19」。現時点でリバプールと2位シティとの差は23ポイントとなっており、このまま差を維持することができれば記録を塗り替えることになる。

 2つ目はシーズン最多勝ち点。シティは最多勝ち点差を記録したのと同じ年に「100」ポイントを記録し、史上初めて勝ち点を3桁の大台に乗せた。現在のリバプールの勝ち点は「86」で記録更新まではあと15ポイントだが、残り7試合で全勝すれば最高で「107」に到達できる可能性がある。

 3つ目はシーズン最多勝利記録で、これもシティが2017-18シーズンに打ち立てた「32」が現在の最多となっているが、リバプールは31試合を終えて28勝を記録している。
 
 4つ目はホームでの勝利数だ。これは2005-06シーズンにチェルシー、2010-11シーズンのマンチェスター・ユナイテッド、11-12シーズンと18-19シーズンのシティと、3クラブが18勝でトップタイに並んでいる。シーズンのホームゲームは全19試合で、これを更新するためにはホーム全勝を達成する必要がある。ここまで16戦全勝のリバプール。ホームでは残り3試合となっている。

 最後の5つ目はアウェーでの勝利数。こちらも2017-18シーズンの王者シティがシーズン16勝という記録を保持しており、この記録を塗り替えるにはリバプールは今季残りのアウェー戦4試合の全てで勝利する必要があるが、まだ可能性は残されている。

 今シーズン、リバプールは圧倒的な強さで首位を独走してきた。悲願のプレミア制覇は確定したが、さらに記録づくしのシーズンにすることはできるだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」