バイエルン司令塔、今夏リバプール移籍が浮上 独紙「すでにチームメートに別れ」

バイエルンMFチアゴ・アルカンタラがリバプールへ移籍?【写真:Getty Images】
バイエルンMFチアゴ・アルカンタラがリバプールへ移籍?【写真:Getty Images】

クロップ監督もチアゴを高く評価、バイエルン側は移籍金72~96億円を要求か

 バイエルン・ミュンヘンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラに、リバプール移籍の可能性が浮上している。契約は1年残っているが、本人は今が欧州トップクラブに移籍する“ラストチャンス”だと感じており、すでにチームメートに別れを告げたとも報じられている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 チアゴはバルセロナのカンテラ出身で2009年にトップチームデビュー。その後、13年に恩師ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いていたバイエルンへ移籍。初の国外挑戦にも適応し、代えの利かない不動の司令塔としての地位を築いた。今季も公式戦35試合に出場している。

 クラブとの契約は2021年6月末まで残っているが、突如として移籍の噂が浮上。ドイツ誌「シュポルト・ビルト」によれば、契約延長に向けた交渉は進んでいたが、突然チアゴが翻意したとされている。いまだ正式なオファーは届いていないものの、今年29歳となった司令塔は新たなチャレンジを望み、欧州トップレベルのクラブに移籍するのは今が“ラストチャンス”になると考えているという。

 チアゴに関しては、リバプールのユルゲン・クロップ監督が高く評価。中盤にクオリティーのある選手の補強も求めていることから、欧州王者への移籍の可能性が取り沙汰されている。ドイツ紙「ビルト」はチアゴが「すでにチームメートに別れを告げた」とまで報じている。

 チアゴの市場価格は4800万ユーロ(約58億円)と言われている一方、ドイツ誌「キッカー」によればバイエルンは移籍金6000万ユーロ(約72億円)から8000万ユーロ(約96億円)を要求するという。その資金はレバークーゼンのドイツ代表MFカイ・ハフェルツ獲得に充てたいと考えているようだ。

 高いボールテクニックとパスセンスを誇り、中盤の“指揮者”としてプレーするチアゴ。30歳を目前にして、新たな挑戦に踏み出そうとしている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  9. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ