サラーはC・ロナウド級!? ルーニーの主張にファン反論「レベルが違う」「過大評価」

元イングランド代表FWウェイン・ルーニーとリバプールFWモハメド・サラー【写真:Getty Images】
元イングランド代表FWウェイン・ルーニーとリバプールFWモハメド・サラー【写真:Getty Images】

ルーニー、C・ロナウドを引き合いにサラーを称賛もファンが反応

 元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(ダービー・カウンティFC)が、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーについて、マンチェスター・ユナイテッド時代のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)のようだと称賛した。しかし、ユナイテッドのファンが反応し、「レベルが違う」「過大評価だ」などと反感を買っている。英地元紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」が伝えた。

 母国ポルトガルの名門スポルティングCPでデビューを果たしたロナウドは、2003年に当時18歳でユナイテッドに加入し、09年まで同クラブでプレー。名将アレックス・ファーガソンの下で世界的スターへと成長を遂げ、同クラブで3回のプレミアリーグ制覇、リーグカップは2回優勝。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)、FAカップ、コミュニティーシールド、クラブ・ワールドカップをそれぞれ1回ずつ制した。ユナイテッド時代にバロンドールも獲得している。

 一方のサラーは、2017年にASローマからリバプールへ移籍を果たすと、加入初年度の2017-18シーズンにいきなり得点王(32ゴール)を獲得。昨季も22ゴールをマークして2年連続得点王に輝き、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)とプレミアリーグの優勝にも貢献するなど、エースとしての座を確固たるものとしている。

 そんなサラーについて、ルーニーは「サンデー・タイムズ」でかつての同僚であるロナウドを引き合いに出し、その存在感と影響力を称賛している。

「モウ・サラーは、ロナウドがマンチェスター・ユナイテッド時代にやっていたのと同じことをやり始めている。ピッチに立つだけで、あまり守備には戻らなくても常に脅威となる。相手のディフェンダーやミッドフィルダーは、彼のカウンターを恐れるんだ」

 ところが、これに反論したのがユナイテッドのファンたちだ。「マンチェスター・イブニング・ニュース」は複数のツイッター上のコメントを紹介している。

「サラーはワールドクラスだが、CR7ではない」
「史上最高の選手と同じ文章に名前が並ぶべきではない」
「サラーのプレースタイルは好きだが、過大評価されている……CR7は違うレベルにいた。比較はやめよう」
「モウ・サラーは28歳。ロナウドは、23歳でマンチェスター・ユナイテッドですべてを勝ち取った」

 ルーニーの持論に対して様々な意見が飛び交っており、議論は熱を帯びている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング