「久保がリード」 ヴィニシウスがスペイン国籍取得有力、レアルのEU圏外枠に現地注目

レアルで去就が関係する可能性があるヴィニシウス(左)と久保建英【写真:Getty Images】
レアルで去就が関係する可能性があるヴィニシウス(左)と久保建英【写真:Getty Images】

レアルにとってビッグニュース? 「ドン・バロン」は「問題が一つ解決」と言及

 レアル・マドリードは早くも来季のチーム編成が注目を集めている。マジョルカに期限付き移籍中の日本代表MF久保建英はEU圏外枠の兼ね合いもあり、来季もレンタルに出されることが濃厚とされてきた。しかし、スペインメディアは3枠のうちの一つに“空き”が出る可能性に注目している。

 2019年夏にFC東京から名門レアルに完全移籍した久保は、シーズン開幕直後にマジョルカへの1年間のレンタル移籍が決定。昨年11月10日のリーガ・エスパニョーラ第13節ビジャレアル戦(3-1)でスペイン初ゴールを挙げると、一度はベンチ要員に降格するも再びスタメンの座をつかみ、ここまでリーグ戦27試合で3得点2アシストをマークしている。

 レンタル期間が満了するシーズン終了後の去就が注目を集めているが、現在レアルから期限付き移籍している元ノルウェー代表FWマルティン・ウーデゴールの代わりに、レアル・ソシエダ行きとなる報道も出ている。久保本人はレアルでのプレーを目標とし、スペイン紙「AS」で「あそこで居場所を勝ち取るのはとても難しいけど、しっかり練習し続けてチャンスを待つ。その機会が訪れた時には、それを無駄にしない」と力強く語っていた。

 レアルは現在、ブラジル人トリオのFWヴィニシウス・ジュニオール、FWロドリゴ、DFエデル・ミリトンが限られた3つの外国人枠を使用。さらにイギリスのEU離脱の影響から、ウェールズ国籍のFWギャレス・ベイルがEU圏外選手となる可能性もある。これが久保の去就にも関係すると指摘されていたが、EU圏外枠を巡って状況が進展する可能性があるようだ。

 スペインメディア「ドン・バロン」は、「ビッグニュース! フロレンティーノに幸運。問題が一つ解決」と見出しを打ち、かねてからスペイン国籍取得の噂のあったヴィニシウスについてレポートしている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング